【必見】生産技術の年収を研究開発・設計と比較!給料をアップさせる現実的な方法も解説

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

「生産技術の年収ってどれくらい?」
「研究開発や設計と比べて年収が高いのはどの職種?」
「生産技術が年収を上げるにはどうしたらいい?」

このように生産技術の収入事情について疑問を持っていませんか?

自身の仕事について考えるとき、やはり給料は大切なポイントですよね。

では、生産技術の平均年収はどれくらいなのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 生産技術の平均年収を研究開発・設計と比較して紹介
  • 地域別の生産技術の年収相場
  • 生産技術の年収をチェックするときの注意点
  • 生産技術として働く人が年収アップさせる方法

について詳しく解説します。

この記事を見れば生産技術の年収事情が必ず理解できます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

生産技術の平均年収は低い?研究開発・設計と比較してみた

求人ボックス給料ナビによると、生産技術の平均年収は473万円となっています。

研究開発・設計開発と比較した結果は、以下のとおりです。

職種 平均年収
生産技術 473万円
研究開発 528万円
設計開発 457万円

(出典:求人ボックス給料ナビ「研究開発」「機械設計」)

職種で比較をすると、研究開発がもっとも高収入となりました。

また、国税庁が公表している日本の平均年収が441万円なので、どの職種も一般的なサラリーマンと比べると高収入であることがわかるでしょう。

しかしながら、上記はあくまでも平均年収であり、実際の収入は会社規模や個人のスキルによって大きく変わります。

いずれの部署も、出世しないと給料が上がらないことも知った上で、参考程度に考えていただくことをおすすめします。

【地域別の年収相場】同じ生産技術でも100万円以上の差がある!

生産技術の年収相場は、働く地域によっても大きく異なります。

地域別で年収を比較した結果は、以下のとおりです。

地域 平均年収
東海 490万円
関東 489万円
関西 479万円
四国 462万円
北海道・東北 454万円
中国 448万円
甲信越・北陸 445万円
九州・沖縄 441万円

(出典:求人ボックス給料ナビ「生産技術」)

地域で年収を比較すると、東海地方がもっとも高水準であることがわかりました。

都道府県ごとに比較した結果は、以下のとおりです。

順位 都道府県 平均年収
1 岐阜県 497万円
2 静岡県 496万円
3 愛知県 478万円
47 高知県 375万円

地域別の結果と同様に、東海地方の県が高水準であるとわかります。

一方、もっとも給与水準の低い高知県は、1位の岐阜県と120万円以上もの差があることもわかります。

東海地方の給与水準が高いのは、トヨタを筆頭に大企業が数多くあるからでしょう。

生産技術の給料を考える際には、地域によって収入に差があることを知っておきましょう。

生産技術の年収を確認するときは残業や休日出勤の多さもチェックしよう

生産技術は残業や休日出勤が多い職業です。

残業や休日出勤の手当により、平均年収が高くなっている企業も少なくありません。

そのため、気になる企業の平均年収を調べる際には、給料の内訳もチェックするようにしましょう。

なかには、以下のような悪質な企業も存在します。

【悪質な企業の例】

  • 残業や休日出勤に手当が発生しない企業
  • 残業の多さを隠して高収入をアピールする企業

時間外労働につく手当の有無・大きさによって、生産技術の年収は大きく変わります。

企業の平均年収を調べる際には、残業や休日出勤の多さ・給料の内訳も確認するようにしましょう。

なお、残業や休日出勤が多くなりやすい理由については、生産技術の大変な部分をまとめた以下の記事で解説しています。

▼生産技術のきつい部分を知りたい方はこちら▼
【経験談】生産技術できついと感じたこと11選|激務でつらい方が現状を変える3つの方法も解説!
「生産技術がきつすぎて無理…」 「生産技術が激務なのは自分の会社だけ…?」 「生産技術がきついけど、どう改善したらいいかわからない…」 このように生産技術の仕事がきついと悩んでいませんか? 生産技術は残業が多かったり人間関係...

【実現可能】生産技術として働く人が年収アップさせる方法

ここからは生産技術として働く人に向け、年収を上げる方法をご紹介します。

生産技術が年収を上げる現実的な方法は、以下の2つです。

順に確認していきましょう。

方法1.目指せそうなら現在の会社で出世を狙う

いわずもがなかもしれませんが、現在の会社で出世を目指すことが1つ目の方法です。

生産技術は業務の中で、コストや人材管理といった経営的な視点が身に付く職業です。

そのため、設計や研究開発などと比べても、生産技術は出世しやすいといわれます。

生産技術のキャリアアップには、以下などが考えられます。

【生産技術のキャリアアップ例】

  • 海外拠点の社長
  • 事業部長
  • 生産工程の責任者
  • 工場長
  • 課長

しかしながら、出世により収入アップするためには、数年~数十年は現在の会社で成果を出し続けないといけません

現在の会社に不満がなければ愚直にがんばれるかもしれませんが、反対につらいと感じている人は先の見通しが立たず不安に感じるでしょう。

そのため、出世により収入アップを目指す方法は、現在の会社に満足している方にのみおすすめします。

あなたの会社での状況を改めて考え、無理なくがんばれる方は出世を目指して努力するとよいでしょう。

方法2.より年収の高い会社へ転職する

生産技術が年収を上げる2つ目の方法は、より年収の高い会社へ転職することです。

出世はすぐにはできませんが、転職ならあなたの行動次第で実現可能です。

生産技術の転職に関して、マイナビが公表している興味深いデータをご紹介します。

【生産技術の転職に関するデータ】

  • 転職経験がある人の割合:96%
  • 転職後に収入アップした人の割合:62%

ほとんどの生産技術者が1回以上は転職を経験しており、かつ約60%以上の人が年収アップを実現していることがわかります。

仕事内容は同様なのに、会社を変えるだけで年収が上がることも少なくありません。

生産技術者にとって、転職は年収を上げるためのもっとも現実的な方法です。

現在の収入に不満を感じているなら、まずは求人だけでもチェックしてみることをおすすめします。

▼優良求人を探せる転職エージェントを知りたい方はこちら▼
【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介
「生産技術って転職しやすいの?」 「今より働きやすい会社に転職したい…」 「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」 このように生産技術の転職について悩んでいませんか? 転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職...

まとめ:生産技術の年収は働く地域や会社で変わる!給料アップしたいならほかの会社もチェックしてみよう

今回は生産技術の年収事情について詳しく解説しました。

生産技術の平均年収は473万円であり、日本の平均年収441万円と比べると高収入でした。

とはいえ、実際の収入は会社規模や各個人のスキルによって大きく異なります。

そのため、より高収入を得るためには、自身の状況にあわせて働く企業を選ぶことが重要です。

【生産技術が年収を上げる方法】

  1. 目指せそうなら現在の会社で出世を狙う
  2. より年収の高い会社へ転職する

現在の会社に満足している方は、出世による収入アップを目指し、より成果を出すために努力を続けていくとよいでしょう。

反対に、現在の会社で働き続けることが考えられない方は、年収が上がる企業へ転職することをおすすめします。

出世は自分の意思でできませんが、転職はあなたの行動次第で実現できるはずです。

今より収入が上がる会社は必ずありますので、選択肢を増やすために求人だけでもチェックしてみるとよいでしょう。

▼優良求人を探せる転職エージェントを知りたい方はこちら▼
【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介
「生産技術って転職しやすいの?」 「今より働きやすい会社に転職したい…」 「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」 このように生産技術の転職について悩んでいませんか? 転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職...
タイトルとURLをコピーしました