【底辺?】生産技術が負け組といわれる5つの理由【負け組かどうかは本人の考え方や会社次第】

「やっぱり工場勤務の生産技術は負け組?」
「早めにほかの職種へ転職したほうがいい?」

このように生産技術が負け組かどうか知りたいと思っていませんか?

工場と密接に関わって仕事を行う生産技術は、理系の技術職の中で底辺といわれることも少なくないですよね。

では、生産技術は負け組の仕事なのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 生産技術が負け組・底辺といわれる理由
  • 負け組・底辺といわれる生産技術の魅力
  • 生産技術が負け組かどうかは「本人の考え方や所属する会社による」
  • 負け組と思いながら働いている生産技術者がすべき行動

について詳しく解説します。

この記事を見れば生産技術が本当に負け組かどうか必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

生産技術が負け組・底辺といわれる5つの理由

生産技術が負け組・底辺といわれる理由は、以下の5つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

工場勤務できついイメージがある

工場勤務に対して大変なイメージがあり、「生産技術は負け組」と考える人は多いです。

3K(キツい・汚い・危険)と表現されることがあるように、工場で仕事を行うこと自体に悪いイメージを抱いている人も少なくないでしょう。

事実として、モノづくりの生産体制を整える生産技術は工場で業務を行うことが多いです。

工場勤務に悪いイメージがある人は、生産技術は負け組だと考えるでしょう。

仕事内容が低レベルだと思われている

「生産技術の仕事内容は低レベル」と考える人も多くいます。

これは主に高卒の方が働いている生産現場の近くで業務を行っていることで、専門性が必要ないと思われているからでしょう。

「工場で働く=低レベル」と考えることは偏見ですが、このようなイメージを持たれている方は少なくありません。

仕事内容が低レベルだと思われていることも、生産技術が負け組・底辺といわれる理由です。

研究開発や設計と比べて軽視されている

研究開発や設計と比べて、生産技術はステータスが低いと考えている人も多いです。

理由としては、「工場勤務が大変」というイメージを持たれているからだと考えられます。

そのほか、高学歴の人が研究開発に配属される傾向があることも、生産技術が軽視される理由の1つでしょう。

研究開発や設計と比べて生産技術を軽視している人も、生産技術は負け組だと考えます。

出世できないと思われている

「生産技術は出世できないから負け組だ」と考える人も少なくありません。

これは製造メーカーに序列が存在することが理由だと考えられます。

前述した「工場勤務が大変」というイメージや配属者の出身大学などから、製造メーカー内で序列を感じさせる企業があります。

【製造メーカーに存在する序列(上位順)】

  1. 研究開発
  2. 設計
  3. 生産技術

上記のような序列を感じさせる雰囲気があるため、序列の低い生産技術は出世できないと思われることが多いです。

出世できないと思われていることも、生産技術が負け組・底辺といわれる理由といえます。

▼技術職の出世のしやすさを知りたい方はこちら▼
【生産技術は出世しやすい】技術職の出世難易度の違い、出世コースに乗るための3つの方法を解説
「生産技術って出世しやすいの?」 「生産技術で出世コースに乗るにはどうしたらいい?」 このように生産技術の出世事情について疑問を持っていませんか? 高い収入を得てお金に不自由のない生活を送るためにも、出世できるかどうかは大事な...

残業や休日出勤が多い

生産技術が負け組といわれる理由として、残業や休日出勤が多いこともあげられます。

生産ラインでは急なトラブルが発生することも多く、残業や休日出勤をして対応することは少なくありません。

また、生産技術は新規設備の立ち上げや既存設備の改造工事などのために、長期休暇に出勤することもあります。

残業や休日出勤の多さも、生産技術が負け組といわれる理由の1つです。

▼生産技術がきついといわれる理由をもっと知りたい方はこちら▼
【経験談】生産技術できついと感じたこと11選|激務でつらい方が現状を変える3つの方法も解説!
「生産技術がきつすぎて無理…」 「生産技術が激務なのは自分の会社だけ…?」 「生産技術がきついけど、どう改善したらいいかわからない…」 このように生産技術の仕事がきついと悩んでいませんか? 生産技術は残業が多かったり人間関係...

負け組・底辺といわれる生産技術の魅力とは

どの職種にもメリット・デメリットがあるので、仕事について考えるときにはよい部分にも目を向けることが大切です。

ここでは、生産技術ならではの魅力をご紹介します。

【生産技術の魅力】

  • 自分が設計した設備や工程で生産が行われる
  • 業務の幅が広くさまざまな知見が得られる
  • 業務の自由度が高い
  • 成果を出すと現場の作業者から感謝される
  • 海外で活躍できる可能性がある

自分が手掛けた設備や工程で量産が行われることは、生産技術の大きなやりがいです。

また、自分の裁量で業務を進めることができ、さまざまな知見が得られることも生産技術のメリットでしょう。

仕事の成果を実感しやすいことも、生産技術ならではの魅力です。

そのほか、研究開発や設計より海外で活躍できる可能性が高いことも、海外志向の方には魅力的でしょう。

▼生産技術のやりがいや魅力をもっと知りたい方はこちら▼
【経験談】生産技術のやりがい・魅力を7つ紹介!経験ゼロから目指す方法も解説
「生産技術のやりがいや魅力は何?」 「自分に向いている職業なのかな?」 このように生産技術の魅力を知りたいと思っていませんか? 生産技術の仕事内容などを調べても、実際に生産技術として働いている人が身近にいないとやりがいなどをイ...

生産技術が負け組かどうかは本人の考え方や所属する会社による

「生産技術が負け組かどうか」は、本人の考え方や所属する会社によって異なります。

「負け組といわれる理由」に対して自分なりの考えを持った上で生産技術として働いているなら、決して負け組ではありません。

【自分なりの考えを持っている人の例】

  • 工場勤務できついイメージがある
    → モノづくりが好きで、より生産に近い場所で仕事がしたいと思っている
  • 仕事内容が低レベルだと思われている
    → 実際は専門性が必要な業務を行っており、仕事のレベルは高いと考えている
  • 研究開発や設計と比べて軽視されている
    → モノづくりに欠かせない工程設計の仕事に誇りを持っている
  • 出世できないと思われている
    → 上層部は生産技術の出身が多く、本当は出世しやすいと考えている
  • 残業や休日出勤が多い
    → たくさん稼ぎたいので、手当をもらえることがありがたいと考えている

上記のような考えを持っている人であれば、研究開発や設計よりむしろ生産技術が適しているといえるでしょう。

また、生産技術が負け組かどうかは、本人の考え方のほかに所属する会社でも変わります。

なぜなら、生産技術の立場や労働環境は会社ごとに異なるからです。

【生産技術の立場・労働環境が優れた会社の例】

  • 生産技術が出世しやすい会社
  • 生産技術の序列がもっとも高い会社
  • 研究開発や設計よりも生産技術力に強みがある会社
  • トラブルが少なく、残業や休日出勤も少ない会社

上記のような会社に所属している場合は、生産技術はむしろ勝ち組でしょう。

ひと括りに生産技術といっても、仕事に対する考え方や労働環境は人それぞれ異なります。

そのため、生産技術として働く人すべてが負け組では決してありません。

他人の意見を闇雲に信じないで、自身の状況について冷静に考えることが大切です。

生産技術として働く人が「負け組」と感じているなら転職を検討しよう

生産技術として働く人が現状について考えたときに「負け組」と感じるなら、転職の検討をおすすめします。

転職をおすすめする理由は、以下のとおりです。

【転職をおすすめする理由】

  • 現在の会社ではモチベーション高く働けない
  • あなたの成長にもつながらない
  • 市場価値も上がりにくいので、将来性も期待できない
  • 大きなストレスを感じている場合、うつ病になる可能性もある

「負け組」と感じる仕事では、誰しもやりがいを感じられません。

我慢しながらこの先何十年と働き続けるのは、さすがにつらすぎるはずです。

生産技術は業務の中で幅広いスキルを身につけているので、汎用性が高く転職しやすい職業です。

自分自身のためにも「負け組」と感じているなら転職を検討してみてください。

▼生産技術者が転職を成功させる方法を知りたい方はこちら▼
【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介
「生産技術って転職しやすいの?」 「今より働きやすい会社に転職したい…」 「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」 このように生産技術の転職について悩んでいませんか? 転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職...

【無料】現状を変えたい生産技術におすすめの転職エージェント3選

最後に現状を変えたい生産技術の方に向け、おすすめの転職エージェントを3社紹介します。

いずれも無料で手厚いサポートが受けられる転職エージェントばかりです。

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

他メーカーの生産技術を目指すなら「マイナビメーカーAGENT」

こんな人におすすめ 初めて転職活動をする人
製造業に精通したアドバイザーに相談したい人
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/maker/

【マイナビメーカーAGENTの特徴】

  • 20代から最も支持されている転職エージェント
  • 初めての転職でも丁寧にサポートしてくれる
  • 決定率を高める豊富な転職支援が受けられる
  • 大手ならでは求人数の多さ
  • 業界に精通しているアドバイザーばかり

マイナビメーカーAGENTは、株式会社マイナビが運営する「製造業」「メーカー」などに特化した転職エージェントです。

大手のマイナビが運営しているため、求人数が多いだけでなくコンサルタントからの手厚いサポートが受けられます。

製造業に特化していることもあり、業界に詳しいメーカー出身のコンサルタントが多く在籍しています。

「マイナビ」が運営しているため大手の安心感がありつつ、専門性も兼ね備えていることが特徴です。

>>マイナビメーカーAGENTの無料登録はこちら

>>マイナビメーカーAGENTの評判・口コミはこちら

生産技術で年収600万円以上を目指すなら「JACリクルート」

こんな人におすすめ これまで築いたキャリアを活かして転職したい人
年収600万円以上の求人を探している人
公開求人数 約11,500件
非公開求人数 全求人の約60%
対応エリア 全国
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/

【JACリクルートの特徴】

  • 30~50代に強い(転職決定者の70%以上が35歳以上)
  • 利用者の満足度が高い(知人や友人に勧めたい方が94.5%)
  • 求人・コンサルタントの質が高い
  • 大手の優良求人を豊富に扱っている
  • 経歴・実績がないと断られることもある

JACリクルートは、年収600万円以上の大手企業に転職したい方へおすすめのエージェントです。

大手の優良求人が豊富で、各業界に特化した質の高いコンサルタントが数多く在籍しています。

注意点として、実績が不足していると「紹介できる案件がない」とはっきり断られることもあります。

とはいえ、断られるかどうかは利用してみないとわからないですし、あなたの市場価値を確認する意味でもまずは無料相談してみるとよいでしょう。

>>JACリクルートメントの無料登録はこちら

>>JACリクルートメントの評判・口コミはこちら

生産技術からほかの職種へ転職を目指すなら「リクルートエージェント」

こんな人におすすめ 職種を変えたいけど何から始めるべきかわからない人
どの転職エージェントがよいかわからない人
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 約200,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

【リクルートエージェントの特徴】

  • 求人数が業界トップ
  • 転職支援実績も業界トップ
  • あらゆる業界に対応している
  • 豊富な実績をもとにサポートしてくれるため内定率が高い
  • コンサルタントの交渉力が高い

リクルートエージェントは、求人数や支援実績が業界トップの転職エージェントです。

とにかく幅広い求人を取り揃えているので、どんな方でも希望の求人が見つかります。

また、コンサルタントは豊富な経験やノウハウを持っているので、サポートの質も高いです。

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は、まずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

>>リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

まとめ:生産技術は底辺の仕事ではない!ただし「負け組」と思うなら転職するのがおすすめ

今回は生産技術が負け組・底辺の仕事といわれる理由について解説しました。

【生産技術が負け組・底辺といわれる理由】

  1. 工場勤務できついイメージがある
  2. 仕事内容が低レベルだと思われている
  3. 研究開発や設計と比べて軽視されている
  4. 出世できないと思われている
  5. 残業や休日出勤が多い

仕事に対する考え方や労働環境は人それぞれ異なるため、生産技術として働く人すべてが負け組では決してありません。

とはいえ、もしあなたが「負け組と感じながら生産技術として働いている」なら転職の検討をおすすめします。

生産技術は転職しやすい職業なので、転職できるかどうかを不安に思う必要はありません。

あなた自身のためにも、現状を変えるために少しずつ行動をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました