【特徴9つ】生産技術に向いている人とは?適性がない人・これから目指す人がすべき行動を解説

「生産技術はどんな人に向いている?」
「やっぱり自分は生産技術に向いていないのかな…?」

このようにあなたが生産技術に向いているかを知りたいと思っていませんか?

仕事は人生のなかでも多くの時間を費やすものですし、できれば自分に向いている仕事をしたいと思いますよね。

では、生産技術にはどんな人が向いているのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 生産技術の仕事内容
  • 生産技術に向いている人の9つの特徴
  • 生産技術のやりがいや魅力
  • 生産技術のきつい・大変なこと
  • 適性はないけど生産技術として働いている人がすべき行動
  • これから生産技術を目指す人がすべき行動

について詳しく解説します。

この記事を見ればあなたが生産技術に向いているかどうか必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

そもそも生産技術とは?仕事内容を簡単に解説

生産技術の仕事は、モノづくりをするための生産体制を整えることです。

開発部門が行った製品設計を、量産工程で製品化するための生産体制を整備します。

生産技術の具体的な仕事内容は、以下の5つです。

【生産技術の仕事内容】

  1. 生産性の高い効率的な生産ラインの構築
  2. 既存の生産工程の改善
  3. 新しい生産技術の開発
  4. 関係部署との調整業務
  5. 標準類の整備

新製品を立ち上げる工程を考えたり、既にモノづくりを行っている工程の改善をしたりします。

円滑に仕事を進めるために関係部署と調整を行うことや、作業手順などをまとめた標準類を整備することも重要な仕事です。

仕事内容の詳細は以下の記事でまとめていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

▼生産技術の全体像を知りたい方はこちら▼
生産技術エンジニアの仕事内容とは?メリット・デメリットや未経験からなる方法を解説
「生産技術ってどんな仕事をしてるの?」 「生産技術として働く魅力ってなに?」 このように生産技術の仕事について疑問を持っていませんか? 生産技術は技術職の1つとして耳にしますが、どんな仕事をしているのかよくわからないですよね。...

生産技術に向いている人の特徴を9つ紹介!

生産技術に向いている人の特徴は以下の9つです。

それぞれ詳しく解説していきますので、自身と比較しつつ読み進めてみてください。

1.モノづくりが好きな人

生産技術は生産現場で手を動かして行う業務も多いので、モノづくりが好きな人に向いています。

生産現場で行う業務の例は、以下のとおりです。

【生産現場で行う業務の例】

  • 新たな設備・治具の検証
  • 既存の設備・治具のトラブル対応
  • 量産が始まる前の製品の試作

技術職のなかでも、生産技術ほど設備や実際の製品に触れられる職種はありません。

モノづくりが好きな人は前のめりになって働けるので、生産技術に向いているといえます。

2.目立つ存在でなくとも会社の売り上げのためにコツコツ働ける人

生産技術は一般的に見ると目立つ仕事ではありません。

会社の売り上げには多大に貢献していますが、外から見ると成果がわかりにくい仕事です。

生産技術がコツコツ行っている仕事の例をご紹介します。

【生産技術がコツコツ行っている仕事の例】

  • 作業者への聞き込み
    (やりにくい作業、危険な作業がないかなど)
  • 各種データ収集
    (1時間あたりの生産数、不良率、品質に関するデータなど)
  • 手作業による設備や治具の改善

表立って活躍したい人には、少し物足りなく感じるかもしれません。

ですが、生産技術は縁の下の力持ちとして確実に会社に貢献しています。

目立つ存在でなくともコツコツ働ける人が、生産技術に向いているといえます。

3.コミュニケーション能力が高い人

生産技術は社内外の関係者と協力して業務を進めることが多い仕事です。

具体的には、以下などの関係者と協力する必要があります。

【生産技術の関係者】

  • 工場で働く人
  • 設計
  • 研究開発
  • 品質保証
  • 生産管理
  • 購買
  • 外部の業者、商社

業務を円滑に進めるためには、高いコミュニケーション能力が求められます。

さまざまなと人と関わることが好きなら、気負いすることなく楽しく働けるはずです。

コミュニケーション能力が高い人は、生産技術に向いているといえます。

4.困難な状況でも前向きに考えられる人

生産技術は現場の作業者から厳しい言葉を投げられることも少なくありません。

作業者にとってうれしい改善をすれば感謝を伝えてくれますが、反対にやりにくい工程をつくってしまうと悪口や暴言を吐かれることがあります。

そんなときでもポジティブに考えられる人なら、新たなアイデアを発想し作業者の期待に応える改善ができます。

困難な状況でも前向きに考えられる人が、生産技術に向いているといえるでしょう。

5.スピード感を持って取り組むのが得意な人

生産技術は緊急性の高い仕事を同時並行で進める必要があります。

納期が決まっている新製品の立ち上げ業務、日常的に発生するトラブル対応が最たる例です。

とくに、トラブル対応は早くしないと、生産に遅れが生じたり作業者が手待ち(何もすることがない状態)になってしまいます。

同時並行で多くの業務をこなすためにも、スピード感を持って取り組むのが得意な人が生産技術に向いているといえます。

6.柔軟な発想力に自信がある人

生産技術は自由度が高く、自分の思いや考えを形にできる仕事です。

ある意味、限られた予算内で質の高い製品を作ることができれば、どんな工程を作っても問題ありません。

革新的なアイデアを生み出せば、会社全体に横展開されたり、場合によっては特許取得につながったりすることもあります。

生産技術は自分のアイデアを形にできるので、柔軟な発想力に自信がある人に向いています。

7.多角的な思考ができる人

生産技術は多角的な思考ができる人に向いています。

なぜなら、工程設計するときには、さまざまな要素を同時に検討する必要があるからです。

同時に検討すべき要素には、以下などがあげられます。

【工程設計するときに検討すべき要素】

  • 会社の経営状況(使用可能なコスト)
  • 生産現場の人員状況
  • 取引先の業者の動向
  • 受注数はどれくらいか
  • 時間内に受注数をこなせる生産性があるか
  • 安全性が確保できているか
  • 不良が発生しないか

生産技術はこれらの要素を検討した上で、最適な工程設計を進めないといけません。

的確な判断を下していくためにも、多角的な思考力が必要です。

8.物事を論理的に考えられる人

生産技術は、関係部署に業務の状況や進捗を伝える場面が多くあります

その際、筋道を立ててロジカルに説明をしないと、関係者を納得させられません。

また、設備投資の予算確保のために稟議書を作成するときにも、論理的な文章を作成しないと上長や経営層から承認をもらえません。

業務状況を説明する場面が多いので、物事を論理的に考えられる人が生産技術に向いているといえます。

9.海外で働くことに憧れがある人

生産技術は他の部署と比べて、海外出張や海外赴任に行ける可能性が高い職種です。

製造メーカーの多くは、製造コスト削減のために海外にも工場を持っています。

新製品や新規設備の立ち上げのために、入社3年目などの若手が海外にいくことも珍しくありません。

海外で働くことに憧れがある人には、向いている職業といえます。

【向いている人必見】生産技術のやりがいや魅力とは

生産技術のやりがいや魅力は、以下の5つです。

【生産技術のやりがいや魅力】

  1. 自分が設計した設備や工程で生産が行われる
  2. 業務の幅が広くさまざまな知見が得られる
  3. 業務の自由度が高い
  4. 成果を出すと現場の作業者から感謝される
  5. 海外で活躍できる可能性がある

自分が手掛けた設備や工程で生産が行われることは、生産技術にとって1番のやりがいです。

自分の裁量で業務を進めることができ、さまざまな知見が得られることも生産技術ならではのメリット。

また、現場の作業者から感謝されることも、生産技術にとって大きなやりがいになります。

そのほか海外で活躍できる可能性があることも、海外志向の方には魅力的でしょう。

▼生産技術のやりがいや魅力をもっと知りたい方はこちら▼
【経験談】生産技術のやりがい・魅力を7つ紹介!経験ゼロから目指す方法も解説
「生産技術のやりがいや魅力は何?」 「自分に向いている職業なのかな?」 このように生産技術の魅力を知りたいと思っていませんか? 生産技術の仕事内容などを調べても、実際に生産技術として働いている人が身近にいないとやりがいなどをイ...

【向いている人も知っておくべき】生産技術のきつい・大変なこと

どの職種にもいえることですが、生産技術には良い部分だけでなく悪い部分も存在します

生産技術のきつい・大変なことは以下のとおりです。

【生産技術のきつい・大変なこと】

  • 残業が多くなりやすい
  • 休日や長期休暇にも出勤することがある
  • 急なトラブルに対応しないといけない
  • さまざまな人たちと人間関係を構築する必要がある
  • 国内外問わず出張が多い

残業が多くなりやすいことや、休日出勤があることはデメリットに感じる方が多いでしょう。

ですがその分手当はもらえるので、お金を稼ぎたい人にとってはやりがいや魅力になるかもしれません。

人間関係の構築や出張の多さに関しても、人によってはデメリットに感じるでしょう。

生産技術のきつい部分の詳細は、実体験を基に以下の記事でまとめていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

▼生産技術の大変な部分をもっと知りたい方はこちら▼
【経験談】生産技術できついと感じたこと11選|激務でつらい方が現状を変える3つの方法も解説!
「生産技術がきつすぎて無理…」 「生産技術が激務なのは自分の会社だけ…?」 「生産技術がきついけど、どう改善したらいいかわからない…」 このように生産技術の仕事がきついと悩んでいませんか? 生産技術は残業が多かったり人間関係...

生産技術は転職しやすい!向いていない人は転職を検討しよう

自分に向いていないと感じながら生産技術として働いている方には、転職の検討をおすすめします。

転職をおすすめする理由は、以下のとおりです。

【適性がない方に転職をおすすめする理由】

  • 適性のない仕事では、あなたの能力を発揮できないはずだから
  • 激務な生産技術を無理して続けていると、うつ病にもつながりかねないから

幅広い知見を持つ生産技術は、ほかの職種よりも転職先の選択肢が多くあります。

仮に設計や生産管理への転職を目指す場合でも、これまでに身に付けた知見は必ず活かせます。

そのほかの職種へ転職する場合でも、論理的思考力や分析力、調整力などのスキルは確実にアピールできるでしょう。

生産技術として働く人が転職を成功させる方法については別記事でまとめていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

▼転職成功の秘訣を知りたい生産技術者はこちら▼
【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介
「生産技術って転職しやすいの?」 「今より働きやすい会社に転職したい…」 「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」 このように生産技術の転職について悩んでいませんか? 転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職...

生産技術に向いている人が転職を目指すならエージェントの活用がおすすめ

転職活動をするなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1種で、転職活動のプロであるキャリアアドバイザーにさまざまなサポートをしてもらえるもの。

登録も利用も無料なので、転職活動するなら活用しないのはもったいないです。

ここでは転職エージェントの概要と、うまく活用するためのコツを解説します。

順に確認していきましょう。

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントのサービス内容は、以下のとおりです。

【転職エージェントのサービス内容】

  • 求人探し
  • 企業研究の支援
  • 書類添削
  • 面接対策
  • スケジュール調整・管理
  • 採用条件の交渉

転職活動の初めから終わりまで、あらゆるサポートをしてくれます。

忙しい生産技術者にとっては、スケジュール管理を行ってくれることもうれしいポイントです。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは企業に人材を紹介することで、企業から手数料をもらっています。

求職者が無料で手厚いサポートを受けられるのは、この仕組みがあるためです。

転職エージェントの利用経験がない方は怪しいと感じるかもしれませんが、仕組みを理解すれば無料で利用できることが納得できるでしょう。

転職を成功させたい方は、転職エージェントをうまく活用することをおすすめします。

転職エージェントは複数利用するのがおすすめ

転職エージェントを使った転職活動で失敗しないコツは「複数の会社を同時利用すること」です。

実際に、転職に成功した人は平均3社の転職エージェントに登録しています。

複数利用がおすすめな理由は、以下のとおりです。

【複数利用がおすすめな理由】

  • 優秀で相性のよい担当者に出会える可能性が高まる
  • 紹介してもらえる求人数が増える
  • 状況に応じて転職エージェントを使い分けられる

転職エージェントは人材紹介することで収益を上げているため、担当者によっては内定を獲得しやすい企業を紹介されたり、内定を急かされたりすることがあります。

アドバイザーも人なので相性があるのは仕方のないことですが、複数利用していればその分よい担当者にも出会いやすくなります。

また、利用するサイトが多いほど求人の選択肢が増え、使いにくいエージェントも見極めやすくなるものです。

転職エージェントをうまく活用するためにも、まずは2~3社登録して比較してみることをおすすめします。

【無料で使える】生産技術を目指す人におすすめの転職エージェント3選

ここでは、生産技術を目指す人におすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

いずれも無料で手厚いサポートが受けられる転職エージェントばかりです。

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

大手×専門性のいいとこ取りをしたいなら「マイナビメーカーAGENT

こんな人におすすめ 初めて転職活動をする人
手厚い転職サポートを受けたい人
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/maker/

【マイナビメーカーAGENTの特徴】

  • 20代から最も支持されている転職エージェント
  • 初めての転職でも丁寧にサポートしてくれる
  • 決定率を高める豊富な転職支援が受けられる
  • 大手ならでは求人数の多さ
  • 業界に精通しているアドバイザーばかり

マイナビメーカーAGENTは、株式会社マイナビが運営する「製造業」「メーカー」などに特化した転職エージェントです。

大手のマイナビが運営しているため、求人数が多いだけでなくコンサルタントからの手厚いサポートが受けられます。

製造業に特化していることもあり、業界に詳しいメーカー出身のコンサルタントが多く在籍しています。

「マイナビ」が運営しているため大手の安心感がありつつ、専門性も兼ね備えていることが特徴です。

>>マイナビメーカーAGENTの無料登録はこちら

>>マイナビメーカーAGENTの評判・口コミはこちら

製造業に詳しい担当者に相談したいなら「メイテックネクスト

こんな人におすすめ 企業の内部事情を教えてもらいたい人
忙しくて転職活動に割く時間がない人
求人数 常時10,000件以上
非公開求人数 全求人の約80%
対応エリア 全国
公式サイト https://www.m-next.jp/

【メイテックネクストの特徴】

  • エンジニアの求人数は業界No.1
  • 企業の内部事情を教えてくれる
  • コンサルタントの半数以上がメーカーの技術系出身
  • 土日や祝日にも対応してくれる
  • メイテックネクストにしかない独占求人も多数保有している

メイテックネクストは、モノづくり系エンジニアの転職で実績No.1の転職エージェントです。

メイテックネクストにしかない独占求人もたくさんあり、製造業の求人数は業界トップクラスです。

エンジニア専門の転職エージェントなので、大企業だけでなく優良な中小企業の求人も数多く保有しています。

ただし、求人数の8割はサイトには掲載されていない非公開求人なので、求人をチェックしたい方は会員登録が必要です。

>>メイテックネクストの無料登録はこちら

>>メイテックネクストの評判・口コミはこちら

どこに登録すべきか迷うなら「リクルートエージェント

こんな人におすすめ どの転職エージェントがいいかよくわからない人
製造業に限らず多くの求人を見たい人
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 約200,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

【リクルートエージェントの特徴】

  • 求人数が業界トップ
  • 転職支援実績も業界トップ
  • あらゆる業界に対応している
  • 豊富な実績をもとにサポートしてくれるため内定率が高い
  • コンサルタントの交渉力が高い

リクルートエージェントは、求人数や支援実績が業界トップの転職エージェントです。

とにかく幅広い求人を取り揃えているので、どんな方でも希望の求人が見つかります。

また、コンサルタントは豊富な経験やノウハウを持っているので、サポートの質も高いです。

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は、まずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

>>リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

まとめ:生産技術に向いている人の特徴を知って自分に適性があるか判断しよう

今回は生産技術に向いている人の特徴を9つ紹介しました。

【生産技術に向いている人の特徴】

  1. モノづくりが好きな人
  2. 目立つ存在でなくとも会社の売り上げのためにコツコツ働ける人
  3. コミュニケーション能力が高い人
  4. 困難な状況でも前向きに考えられる人
  5. スピード感を持って取り組むのが得意な人
  6. 柔軟な発想力に自信がある人
  7. 多角的な思考ができる人
  8. 物事を論理的に考えられる人
  9. 海外で働くことに憧れがある人

自分に向いていないと感じながら生産技術として働いている方には、転職の検討をおすすめします。

今のままではあなたの能力が発揮できないだけでなく、無理して働き続けるとうつ病などの精神疾患にもつながりかねません。

反対に、上記の特徴に当てはまるなら、あなたは生産技術に向いているといえます。

今回紹介したように転職エージェントを上手く活用して、プロのアドバイザーからサポートを受けるとよいでしょう。

【生産技術を目指す人におすすめの転職エージェント】

どんな仕事にも、必ず向き不向きがあります。

自分に適性があるか正しく判断して、よりよいキャリアを築くために少しずつ行動していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました