【生産技術がつまらない】楽しくない仕事を続ける3つのリスクと対処法を解説

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

「生産技術の仕事がつまらない…」
「つまらない生産技術を楽しむにはどうしたらいい?」

このように生産技術の仕事がつまらないと悩んでいませんか?

仕事がつまらないとモチベーションが上がらず、毎日働き続けるのが苦痛に感じますよね。

では、生産技術がつまらないときには何をすべきなのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 生産技術がつまらないと感じる理由
  • つまらないと感じながら働き続けるリスク
  • 生産技術がつまらないときの対処法

について詳しく解説します。

この記事を見れば生産技術がつまらないと感じる現状を変える方法が必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

全然面白くない…生産技術がつまらないと感じる4つの理由

生産技術がつまらないと感じる理由は、以下の4つです。

それぞれ確認していきましょう。

そもそもモノづくりに興味がない

モノづくりに興味がない人は、生産技術の仕事がつまらないと感じるでしょう。

生産技術の仕事は「モノづくりをするための生産体制を整えること」だからです。

【生産技術の仕事の例】

  • 生産設備の操作
  • 治具の修理、改善
  • 新製品立ち上げ時の生産トライ
  • 不良の再発防止に向けた原因調査、対策

生産技術は現場で手を動かして行う業務も多く、モノづくりに興味がないとなかなかモチベーションがわきません。

モノづくりが好きでないのに生産技術として働いている人は、仕事がつまらないと感じやすいでしょう。

製造部門とのコミュニケーションが苦痛

製造部門とのコミュニケーションにストレスを感じている人も、生産技術の仕事がつまらないと感じやすいです。

なぜなら、製造部門に気を遣ってばかりいると、何のために仕事をしているのかわからなくなってしまうからです。

生産技術として業務を行っていると、製造部門に協力を要請する場面が多々あります。

【製造部門に協力を要請する場面】

  • 工程整備の予算が限られていて、現場にやりにくい作業をお願いする場面
  • 既存設備を使ってトライを行うため、生産時間の調整を依頼する場面
  • 不良の発生原因を調査するために、データ収集の協力を依頼する場面

しかし、製造部門にいる人すべてが協力的とは限りません。

むしろ横柄な態度の人や、無茶な要望をしてくる人も多いものです。

そのため、生産技術の業務を進めるために謝罪をしたり、現場の無理な要望に対応したりすることも少なくありません。

このような状況が続き製造部門との関係性がストレスになってしまうと、仕事に意義を見い出せずつまらないと感じてしまうでしょう。

調整業務が大変

生産技術がつまらないと感じる理由として、調整業務が大変であることもあげられます。

前述の製造部門のほかにも、生産技術が関係部署に協力を要請することは多いです。

調整業務を行う場面の例をご紹介します。

【調整業務を行う場面】

  • 現場からの要望で図面寸法の交差を緩和してほしいと、設計部門に交渉する場面
  • 新規設備の仕様を決めている際に図面に誤りがあるとわかり、設計部門に修正を依頼する場面
  • 設備が急に故障して生産できなくなった際に、営業や生産管理に納期調整を依頼する場面
  • 予算の都合で設備投資できないことを、製造部門に伝える場面

調整業務が多いと自分がすべきことがよくわからなくなり、仕事にやりがいを感じられなくなります。

調整業務が大変であることも、生産技術がつまらないと感じる理由といえるでしょう。

開発要素のある業務をしていない

開発要素のない業務ばかりしていて、仕事がつまらないと感じる生産技術者もいます。

開発要素のない業務は自由度が低く、単純作業になりがちです。

自分の思いや考えを形にできることが生産技術の魅力なのに、単純作業ばかりしていてはつまらないと感じるのも無理はありません。

開発要素のある業務をしていない人も、生産技術がつまらないと感じてしまうでしょう。

生産技術がつまらないと感じながら働き続ける3つのリスク

仕事がつまらないと感じながら働き続けることにはリスクがあります。

仕事がつまらないと感じている人は、自身の現状を考えながら読み進めてみてください。

それぞれ詳しく解説していきます。

成長につながらないので市場価値が上がらない

1つ目のリスクは、自身の成長につながらず市場価値が上がらないことです。

仕事がつまらないと感じているのは20代の若手社員であることが多く、この時期の過ごし方はあなたの将来の市場価値に大きく影響します。

なぜなら、高いモチベーションがある人の方が毎日全力で仕事に取り組めるので、大きく成長できるからです。

つまらないと感じながら働くことは、今がつらいだけでなく、将来の自分も苦しめるリスクがあると知っておきましょう。

モチベーションが上がらず成果を出しにくい

モチベーションが上がらず成果を出しにくいことも、つまらない仕事を続けるリスクです。

仕事がつまらないと感じると、以下のような悪循環が生まれます。

【仕事がつまらないことで生まれる悪循環】

  1. 仕事がつまらないと感じる
  2. 仕事のやる気が出ない
  3. ダラダラ働いてしまいミスが増える
  4. 成果を出せないことで、さらにやる気が低下
  5. 余計に仕事がつまらないと感じる

このような悪循環が生まれてしまうと、仕事のパフォーマンスが下がるのは当然のことです。

仕事のパフォーマンスが下がると、自己肯定感が低下し日常生活のなかで充実感も得られません。

成果を出しにくくなることは、つまらない仕事を続けるリスクといえるでしょう。

うつ病になる可能性がある

つまらない仕事を続けるもっとも大きなリスクは、うつ病になる可能性があることです。

前述のように、つまらない仕事はやる気が出ないだけでなく、成果を出しにくく自身の成長にもつながりにくいです。

このような状態で働き続けていると、仕事だけでなく、プライベートの時間や休日も無気力状態になりかねません。

自覚症状がなくても、日々ストレスを感じていると徐々に症状が悪化してしまうことがあるので、つまらないと感じているなら早めに行動を起こすことをおすすめします。

生産技術がつまらないと感じるのは適正がないだけかも

生産技術がつまらないと感じるのは「あなたが生産技術に向いていないから」だけかもしれません。

どんな仕事にも向き不向きがあるので、「適正がなかっただけ」という可能性は十分にあるでしょう。

ちなみに生産技術に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

【生産技術に向いている人の特徴】

  1. モノづくりが好きな人
  2. コミュニケーション能力が高い人
  3. 困難な状況でも前向きに考えられる人
  4. スピード感を持って取り組むのが得意な人
  5. 海外で働くことに憧れがある人

1つも当てはまらないなら、あなたは生産技術に向いていないと考えられます。

無理して続けていても自分を苦しめてしまうので、次章「生産技術がつまらないと感じるときの対処法」を参考にして早めに行動することをおすすめします。

なお、生産技術に向いている人の特徴については別記事で詳しく解説しているので、興味のある方はあわせてご覧ください。

▼自分が生産技術に向いているか判断したい方はこちら▼
【特徴9つ】生産技術に向いている人とは?適性がない人・これから目指す人がすべき行動を解説
「生産技術はどんな人に向いている?」 「やっぱり自分は生産技術に向いていないのかな…?」 このようにあなたが生産技術に向いているかを知りたいと思っていませんか? 仕事は人生のなかでも多くの時間を費やすものですし、できれば自...

生産技術がつまらない・楽しくないと感じるときの対処法

生産技術がつまらないと感じるときの対処法は、以下の3つです。

順に確認していきましょう。

部署異動できないか上司や人事に相談してみる

もし会社自体には不満を抱いていないのなら、部署移動も1つの選択肢です。

生産技術という仕事だけが苦痛なのであれば、上司や人事に部署移動できないか相談してみるとよいでしょう。

しかし、生産技術がつまらないと感じているなら「同じ会社では働きたくない…」と考える人が大半なはずです。

「そもそも製造メーカーが向いていなかった…」という方は、2つ目の選択肢「転職」をおすすめします。

転職してつまらないと感じる労働環境を変える

ハードルが高く感じるかもしれませんが、生産技術がつまらないなら転職も検討してみてください。

つまらない仕事を続けることにはリスクがあり、最悪の場合うつ病につながってしまうこともあります。

あなたは「たまたま生産技術の仕事が向いていなかった」というだけです。

幸か不幸か生産技術は転職しやすい職種なので、あまり悲観的にならず、転職に向けて少しずつ行動をしてみてください。

▼生産技術者の転職成功の秘訣を知りたい方はこちら▼
【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介
「生産技術って転職しやすいの?」 「今より働きやすい会社に転職したい…」 「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」 このように生産技術の転職について悩んでいませんか? 転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職...

忙しくて転職活動する余裕がないなら、とりあえず退職するのもあり

「転職活動する余裕すら与えられていない…」という方は、転職先を決める前に退職するのも1つの選択肢です。

生産技術は残業や休日出勤も多いので、転職する時間がないという方も少なくないでしょう。

無理に転職活動を進めて、自分で自分を追い込んでしまっては元も子もありません。

「転職したいけど時間がない…」という方は、とりあえず退職することも検討してみてください。

  • 上司や先輩に「生産技術を辞めたい」と伝えられない人
  • 辞めたいと思いながらも、ずるずると続けてしまっている人
  • 退職意思を伝えてからの面倒な手続きをしたくない人

上記に当てはまる人は、退職代行Jobsなどの退職代行サービスを利用するのもおすすめです。

退職代行を使うと、会社に直接言いづらいことなどがあっても代わりに対応してもらえます。

退職代行Jobsには、無料でカウンセリングしてくれるサービスもあります。

退職について不安がある方は、1度相談してみてもよいでしょう。

>>退職代行Jobsの無料カウンセリングはこちら

▼生産技術を辞めたいと考えている方はこちら▼
【生産技術を辞めたい…】嫌だと思いながら無理して働き続けるリスク、現状を変える3つの方法を解説
「生産技術を辞めたい…」 「この先も我慢して働き続けるのは嫌だ…」 「でも何をすべきかわからない…。」 このように生産技術を辞めたいと悩んでいませんか? 生産技術を辞めたいと思っても、転職する勇気はないし困ってしまいますよね...

【無料】生産技術が面白くない人におすすめの転職エージェント3選

最後に生産技術から転職したい人に向けて、おすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

いずれも無料で手厚いサポートが受けられる転職エージェントばかりです。

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

製造業やメーカーへの転職なら「マイナビメーカーAGENT

こんな人におすすめ 初めて転職活動をする人
製造業に精通したアドバイザーに相談したい人
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/maker/

【マイナビメーカーAGENTの特徴】

  • 20代から最も支持されている転職エージェント
  • 初めての転職でも丁寧にサポートしてくれる
  • 決定率を高める豊富な転職支援が受けられる
  • 大手ならでは求人数の多さ
  • 業界に精通しているアドバイザーばかり

マイナビメーカーAGENTは、株式会社マイナビが運営する「製造業」「メーカー」などに特化した転職エージェントです。

大手のマイナビが運営しているため、求人数が多いだけでなくコンサルタントからの手厚いサポートが受けられます。

製造業に特化していることもあり、業界に詳しいメーカー出身のコンサルタントが多く在籍しています。

「マイナビ」が運営しているため大手の安心感がありつつ、専門性も兼ね備えていることが特徴です。

>>マイナビメーカーAGENTの無料登録はこちら

>>マイナビメーカーAGENTの評判・口コミはこちら

キャリアを活かして年収600万円以上を目指すなら「JACリクルート

こんな人におすすめ これまで築いたキャリアを活かして転職したい人
年収600万円以上の求人を探している人
公開求人数 約11,500件
非公開求人数 全求人の約60%
対応エリア 全国
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/

【JACリクルートの特徴】

  • 30~50代に強い(転職決定者の70%以上が35歳以上)
  • 利用者の満足度が高い(知人や友人に勧めたい方が94.5%)
  • 求人・コンサルタントの質が高い
  • 大手の優良求人を豊富に扱っている
  • 経歴・実績がないと断られることもある

JACリクルートは、年収600万円以上の大手企業に転職したい方へおすすめのエージェントです。

大手の優良求人が豊富で、各業界に特化した質の高いコンサルタントが数多く在籍しています。

注意点として、実績が不足していると「紹介できる案件がない」とはっきり断られることもあります。

とはいえ、断られるかどうかは利用してみないとわからないですし、あなたの市場価値を確認する意味でもまずは無料相談してみるとよいでしょう。

>>JACリクルートメントの無料登録はこちら

>>JACリクルートメントの評判・口コミはこちら

生産技術からほかの職種へ転職を目指すなら「リクルートエージェント

こんな人におすすめ 職種を変えたいけど何から始めるべきかわからない人
どの転職エージェントがよいかわからない人
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 約200,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

【リクルートエージェントの特徴】

  • 求人数が業界トップ
  • 転職支援実績も業界トップ
  • あらゆる業界に対応している
  • 豊富な実績をもとにサポートしてくれるため内定率が高い
  • コンサルタントの交渉力が高い

リクルートエージェントは、求人数や支援実績が業界トップの転職エージェントです。

とにかく幅広い求人を取り揃えているので、どんな方でも希望の求人が見つかります。

また、コンサルタントは豊富な経験やノウハウを持っているので、サポートの質も高いです。

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は、まずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

>>リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

まとめ:生産技術がつまらないなら現状を変えるために行動を起こそう

今回は生産技術がつまらないと感じる理由や、そのまま働き続けるリスクをご紹介しました。

つまらないと感じながら働くことは、今がつらいだけでなく、将来の自分を苦しめるリスクもあります。

ずるずると生産技術を続けていても、現状は何も変わりません。

現状を変えるための選択肢は、以下の3つです。

【生産技術がつまらないと感じるときの選択肢】

  1. 部署異動できないか相談してみる
  2. 転職する
  3. 転職活動する余裕がないなら退職する

つまらないと感じるのは「あなたが生産技術に向いていないだけ」という可能性もあります。

やりがいのある仕事をして充実感を得るためにも、少しずつ行動に移していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました