【後悔する前に…!】生産技術が合わないと感じる人へ|行動を起こすべき理由と4つの解決策を紹介

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

「生産技術は自分に合っていない…」
「でもどうやって現状を変えたらいいかわからない…」

このように生産技術が合わないと悩んでいませんか?

生産技術が合わないと感じても、どうやって現状を変えていけばいいかよくわからないですよね。

では、生産技術が合わない人はどうしたらよいのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 生産技術が合わないと感じる理由
  • 生産技術が合わないと感じながら働き続けるリスク
  • 現状を変える4つの解決策

について詳しく解説します。

この記事を見れば生産技術が合わないと感じるあなたが何をすべきか必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

生産技術が合わないと感じる4つの理由

多くの人が「生産技術が合わない」と感じる理由は、以下の4つです。

それぞれ解説していきますので、自身と比較しつつ読み進めてみてください。

多くの人とコミュニケーションをとることが苦痛

さまざまな人とコミュニケーションをとることが苦痛で、生産技術が合わないと感じる人は多いです。

とくに現場との関係性に悩み、仕事が合わないと感じる人は多いでしょう。

製造現場には、以下のように気を遣って接しなければいけない人がいるものです。

【製造現場にいる人の例】

  • 無理な要望を押し付けてくる人
  • 協力の依頼をすると機嫌や態度が悪くなる人
  • 生技を敵だと思っている人

このような人には、誰しも気を遣ってしまうものでしょう。

コミュニケーションが苦手な人には、とりわけストレスになるはずです。

生産技術は製造以外の部署とも関わることが多いため、コミュニケーションが苦痛だと「仕事が合わない」と感じてしまうでしょう。

工場での泥臭い業務が苦痛

工場で業務を行うことをストレスに感じる人も多いです。

生産技術は働く環境が工場メインであるため、泥臭い業務を行うことも少なくありません。

3K(キツい・汚い・危険)と表現されることがあるように、工場で働いていると作業服が汚れるのはごく当たり前のことです。

工場での仕事が苦痛な人も「生産技術は合わない」と感じるでしょう。

そもそもモノづくりに興味がない

モノづくりに興味がない人は、仕事にモチベーションがわかず生産技術は合わないと感じます。

生産技術の仕事は、モノづくりの生産体制を整えること。

工作やDIYがもともと好きな人と比べて、モチベーションがわきにくいのは自然なことです。

やる気が出ない仕事を無理して続けていると、「生産技術は合わない」と感じるものでしょう。

周囲の人とも相性が悪いと感じる

「生産技術が合わない」と感じる人は、同じ生産技術として働く人とも相性が悪いと思うものです。

なぜなら、生産技術として活躍する人はあなたと反対の素質を持っているからです。

前述した「生産技術が合わないと感じる理由」の反対を考えるとわかりやすいでしょう。

【生産技術として活躍する人の特徴】

  • さまざまな人とのコミュニケーションが好き、得意
  • 工場での業務が好き
  • モノづくりが好き

職場で活躍する人を想像すると、上記の特徴があるのではないでしょうか。

生まれ持った性格や資質の違いで、相性が悪いと感じるのは自然なことです。

上司や同僚と相性が悪いと感じる人も「生産技術の仕事が合っていない」と考えるでしょう。

生産技術が合わないと感じながら働き続けるリスク

「生産技術が合わない」と感じている人は、無理して働き続けることにリスクがあると知っておきましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

スキルが身につかない

自分に合わないと感じる仕事では、スキルが身につきにくいです。

なぜなら、興味関心がない仕事では、学習意欲や成長意欲がわきにくいからです。

「給料や待遇がいいから」という理由で無理して続けていると、数年後にスキル不足を実感し後悔してしまうかもしれません。

自分に合わない仕事を無理して続けることは、将来の自分を苦しめる可能性があると知っておきましょう。

徐々に環境を変える決断ができなくなる

我慢して仕事を続けていると、徐々に環境を変える決断ができなくなります。

これは、年齢を重ねるにつれて未経験から転職するハードルが高くなり、環境を変える勇気が出にくくなるからです。

また、嫌な仕事でも経験を重ねると仕事ができるようになるので、「我慢できるレベル」が上がることも理由として考えられます。

合わないと感じる生産技術を長く続けるほど、現在の環境から抜け出すハードルが上がることを認識しておきましょう。

ストレスをためてうつ病になってしまう

自分に合わない仕事を続けるもっとも大きなリスクは、うつ病になってしまう可能性があることです。

「生産技術が合わない」と感じているあなたは、今の仕事が好きではないでしょう。

嫌いな仕事では誰しもストレスを感じますし、とくに生産技術の仕事は激務なので精神的な負担は大きいはずです。

今は我慢できていても、ストレスが蓄積されて病気になってしまうリスクがあることを認識しておきましょう。

▼生産技術でうつ病にならないための予防法はこちら▼
生産技術はうつ病になりやすい!病気になりやすい人の特徴や3つの予防法を解説
「生産技術ってうつ病になりやすい…?」 「生産技術を続けていたら、自分もうつ病になってしまうのかな…?」 このように生産技術でうつ病にならないか心配していませんか? 生産技術はうつ病になる人も少なくないので、仕事を楽しめて...

生産技術が合わないと感じるのは単純に適正がないだけかも

あなたが「生産技術は合わない」と感じるのは、単純に適正がないだけかもしれません。

どんな仕事にも向き不向きがあるので、「ただ生産技術の適正がなかった」という可能性は十分にあります。

参考までに、生産技術に向いている人の特徴をご紹介します。

【生産技術に向いている人の特徴】

  • モノづくりが好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 困難な状況でも前向きに考えられる人
  • 柔軟な発想力に自信がある人
  • スピード感を持って取り組むのが得意な人

もし当てはまる項目がなかったら、あなたは生産技術に向いていなかったといえるでしょう。

「生産技術は合わない」と思うのは、むしろ正しい感覚といえます。

自分に合わない仕事を続けていると、あなたの能力を発揮できず苦しい思いをしてしまうことが多いです。

ぜひ自分の感覚を大切にしていただき、現状を変えるために行動を起こすことを真剣に考えてみてください。

▼自分が生産技術に向いているか判断したい方はこちら▼
【特徴9つ】生産技術に向いている人とは?適性がない人・これから目指す人がすべき行動を解説
「生産技術はどんな人に向いている?」 「やっぱり自分は生産技術に向いていないのかな…?」 このようにあなたが生産技術に向いているかを知りたいと思っていませんか? 仕事は人生のなかでも多くの時間を費やすものですし、できれば自...

生産技術が合わないと感じる人が現状を変える4つの方法

生産技術が合わないと感じる人が現状を変える方法は、以下の4つです。

順に確認していきましょう。

部署異動できないか相談する

もし会社自体には不満を抱いていないのなら、部署移動も1つの選択肢です。

生産技術という仕事だけが苦痛なのであれば、上司や人事に部署移動できないか相談してみるとよいでしょう。

しかしながら、「生産技術は合わない」と感じる人の多くは、製造メーカー自体が向いていないと考えるはずです。

製造メーカー自体が向いていないと考える方は、以降でご紹介する方法を検討してみてください。

転職して別の仕事をする

「今の会社ではこれ以上働きたくない…」という方は、転職を検討しましょう。

仕事を変えると覚えることが多くて大変ですが、自分に合った会社に転職すれば、今よりストレスがなくなることは間違いありません。

そして意外かもしれませんが、幅広い業務を行う生産技術は、転職活動においてもアピールできる材料が多いです。

【生産技術が持っている知識・ノウハウ】

  • 設計図面を読む力
  • 物流や生産管理の知識
  • 原価や製造コストに関する知識
  • 現状を正確に分析するスキル
  • 状況を整理して論理的に伝える力
  • コツコツと作業を進める忍耐力

転職経験がない方はとくに、自身のスキルが他社でどのように活かせるかイメージできていないはずです。

生産技術から転職する選択肢を持つためにも、まずは求人をチェックして求められる能力を把握することをおすすめします。

転職エージェントを使えばあなたのスキルが活かせる会社を無料で紹介してもらえるので、求人の探し方がわからない方は利用してみるとよいでしょう。

なお、おすすめの転職エージェントは「生産技術が合わないと感じる人におすすめの転職エージェント3選」にてご紹介します。

プログラミングスキルを習得してフリーランスになる

ITエンジニアとして独立することも1つの選択肢でしょう。

生産技術として働いていても耳にしたことがあるかもしれませんが、IT業界の人材不足は深刻な問題となっており、ITエンジニアの需要は年々高まっています。

このような時代背景があり、最近では未経験からスキルを習得してエンジニア転職したり、フリーランスとして独立したりする人も多くいます。

PC1台で仕事が完結するITエンジニアは自由な働き方を実現しやすいので、生産技術で人間関係にストレスを感じている人にはとくにおすすめです。

フリーランスエンジニアとして働くメリット

フリーランスエンジニアとして働くメリットをご紹介します。

【フリーランスエンジニアとして働くメリット】

  • 好きな時間、場所で働ける
  • 人間関係の悩みがなくなる
  • 自分で仕事を選べる
  • 仕事を行うたびにスキルが蓄積されていく
  • スキル次第で今より収入アップも期待できる

工場で仕事をすることや、多くの人と関わって仕事を進めることにストレスを感じている方には、とくに魅力的な環境でしょう。

未経験からITエンジニアになる人は、非常に多くいます。

生産技術だからといって諦めず、選択肢の1つとして持っておくと気持ちが楽になるでしょう。

プログラミングを学習するなら、オンラインで完結するスクールで無料体験してみるのがおすすめ

プログラミングの学習方法は、独学・スクールの2種類があります。

インターネット上に学習方法が公開されているので、独学で習得する人も少なくありません。

しかし、完全にゼロから学習すると挫折しやすいので、まずは有料スクールの無料体験でプログラミングの概要を知ることをおすすめします。

もっとも有名なスクールであるテックアカデミーの無料体験では、用語を解説してくれたり簡単なプログラミングの体験ができたりするので、概要を知りたい方は利用してみるとよいでしょう。

>>テックアカデミーの無料体験はコチラ

つらすぎるなら退職する

現状がつらすぎる方は、転職先を決める前に退職するのも1つの選択肢です。

多忙な業務と同時並行で転職活動を進めるのは、心身ともに負担が大きいです。

無理に転職活動を進めて、自分で自分を追い込んでしまっては元も子もありません。

自分の身を守るためにも、つらすぎるなら退職を考えてみてください。

  • 上司や先輩に「設計職を辞めたい」と伝えられない人
  • 辞めたいと思いながらも、ずるずると続けてしまっている人
  • 退職意思を伝えてからの面倒な手続きをしたくない人

上記に当てはまる人は、退職代行Jobsなどの退職代行サービスを利用するのもおすすめです。

退職代行を使うと、会社に直接言いづらいことなどがあっても代わりに対応してもらえます。

退職代行Jobsには、無料でカウンセリングしてくれるサービスもあります。

退職について不安がある方は、1度相談してみてもよいでしょう。

>>退職代行Jobsの無料カウンセリングはこちら

▼生産技術を辞めたいと考えている方はこちら▼
【生産技術を辞めたい…】嫌だと思いながら無理して働き続けるリスク、現状を変える3つの方法を解説
「生産技術を辞めたい…」 「この先も我慢して働き続けるのは嫌だ…」 「でも何をすべきかわからない…。」 このように生産技術を辞めたいと悩んでいませんか? 生産技術を辞めたいと思っても、転職する勇気はないし困ってしまいますよね...

生産技術が合わないと感じる人におすすめの転職エージェント3選

最後に生産技術から転職したい人に向けて、おすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

いずれも無料で手厚いサポートが受けられる転職エージェントばかりです。

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

生産技術からほかの職種へ転職を目指すなら「リクルートエージェント

こんな人におすすめ 職種を変えたいけど何から始めるべきかわからない人
どの転職エージェントがよいかわからない人
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 約200,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

【リクルートエージェントの特徴】

  • 求人数が業界トップ
  • 転職支援実績も業界トップ
  • あらゆる業界に対応している
  • 豊富な実績をもとにサポートしてくれるため内定率が高い
  • コンサルタントの交渉力が高い

リクルートエージェントは、求人数や支援実績が業界トップの転職エージェントです。

とにかく幅広い求人を取り揃えているので、どんな方でも希望の求人が見つかります。

また、コンサルタントは豊富な経験やノウハウを持っているので、サポートの質も高いです。

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は、まずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

>>リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

未経験からのキャリアチェンジを実現したいなら「doda

こんな人におすすめ 幅広い業界・職種の求人を見たい人
未経験からの転職実績が豊富なエージェントを利用したい人
公開求人数 約105,000件
非公開求人数 約35,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

【dodaの特徴】

  • 業界2位の求人数
  • あらゆる職種の求人に応募できる
  • 土曜日にもカウンセリングの対応をしてくれる(電話・メールでもOK)
  • 未経験からのキャリアチェンジが実現できる
  • スカウトサービスを活用すれば、企業から直接オファーが届く

doda業界2位の求人数を誇り、幅広い職種の求人に応募できる転職エージェントです。

30年を超える転職支援の実績があり、サポート体制も充実しています。

キャリアアドバイザーがあなたの強みや弱みを客観的に整理してくれるので、未経験からの転職でも方向性を見つけやすいです。

生産技術からほかの職種へ転職を目指すなら、業界1位のリクルートエージェントと合わせてdodaを利用することをおすすめします。

>>dodaの無料登録はこちら

>>dodaの評判・口コミはこちら

未経験からITエンジニアを目指すなら「マイナビエージェントIT

こんな人におすすめ 未経験でも転職できるIT求人をチェックしたい人
IT業界に詳しいアドバイザーに相談したい人
公開求人数 約19,000件
非公開求人数 全求人の約80%
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/it/

【マイナビエージェントITの特徴】

  • IT特化型エージェントでもトップクラスの求人数
  • 完全未経験でも転職できる会社を紹介してもらえる
  • IT業界専門のアドバイザーがサポートしてくれる
  • 選考支援が充実しているので初めての転職でも安心
  • 全体の80%が非公開求人

マイナビエージェントITは、株式会社マイナビが運営するIT・Web業界に特化した転職エージェントです。

IT特化型エージェントのなかでも求人数が多く、未経験からでも挑戦できる案件が豊富にあります。

IT業界出身のアドバイザーが多いので、未経験から転職する際の注意点なども教えてもらえます。

全求人の8割はサイトに掲載されていない非公開求人なので、より多くの選択肢から会社を探すためには会員登録が必須です。

>>マイナビエージェントITの無料登録はこちら

転職エージェントは複数登録するのがおすすめ

転職エージェントを使った転職活動で失敗しないコツは「複数の会社を同時利用すること」です。

リクナビ」の調査で、転職に成功した人は平均4.2社の転職エージェントを利用していることがわかっています。

複数利用がおすすめな理由は、以下のとおりです。

【複数利用がおすすめな理由】

  • 優秀で相性のよい担当者に出会える可能性が高まる
  • 紹介してもらえる求人数が増える
  • 状況に応じて転職エージェントを使い分けられる

転職エージェントは人材紹介することで収益を上げているため、担当者によっては内定を獲得しやすい企業を紹介されたり、内定を急かされたりすることがあります。

アドバイザーも人なので相性があるのは仕方のないことですが、複数利用していればその分よい担当者にも出会いやすくなります。

また、利用するサイトが多いほど求人の選択肢が増え、使いにくいエージェントも見極めやすくなるものです。

転職エージェントをうまく活用するためにも、まずは複数利用して比較してみることをおすすめします。

まとめ:生産技術が合わないと感じるなら何かしら行動を起こそう

今回は生産技術が合わないと感じる人に向け、4つの解決策をご紹介しました。

【現状を変える4つの方法】

  • 部署異動できないか相談する
  • 転職して別の仕事をする
  • プログラミングスキルを習得してフリーランスになる
  • つらすぎるなら退職する

合わない仕事を無理して続けていると、スキルが身につかず将来の自分を苦しめてしまうリスクがあります。

また、ストレスをためてしまい、うつ病になってしまう可能性もあります。

年齢を重ねて転職のハードルが上がってしまう前に、現状を変えるために行動を起こしましょう。

タイトルとURLをコピーしました