生産技術のキャリアプランは9種類!キャリアアップするための具体的な方法も解説

「生産技術のキャリアプランって?」
「生産技術でキャリアアップするにはどうしたらいい?」

このように生産技術のキャリアについて疑問を持っていませんか?

安定した暮らしをするためにも、キャリアパスやキャリアアップの方法は理解しておきたいですよね。

では、生産技術にはどんなキャリアプランがあるのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 生産技術がキャリアアップを考えるべきタイミング
  • 生産技術のキャリアプラン【同じ会社で働く場合】
  • 生産技術のキャリアプラン【他社に転職する場合】
  • 生産技術でキャリアアップするために必要なスキル
  • 生産技術としてキャリアアップするための具体的な行動

について詳しく解説します。

この記事を見れば生産技術のキャリアプランとキャリアアップするための方法がわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

生産技術の仕事内容を簡単に解説

生産技術の仕事は、モノづくりをするための生産体制を整えることです。

開発部門が行った製品設計を、量産工程で製品化するための生産体制を整備します。

生産技術の具体的な仕事内容は、以下の5つです。

【生産技術の仕事内容】

  1. 生産性の高い効率的な生産ラインの構築
  2. 既存の生産工程の改善
  3. 新しい生産技術の開発
  4. 関係部署との調整業務
  5. 標準類の整備

新製品を立ち上げる工程を考えたり、既にモノづくりを行っている工程の改善をしたりします。

円滑に仕事を進めるために関係部署と調整を行うことや、作業手順などをまとめた標準類を整備することも重要な仕事です。

生産技術の仕事内容は以下の記事で解説していますので、より詳細に知りたい方はあわせてご覧ください。

▼生産技術の全体像を知りたい方はこちら▼
生産技術エンジニアの仕事内容とは?メリット・デメリットや未経験からなる方法を解説
「生産技術ってどんな仕事をしてるの?」 「生産技術として働く魅力ってなに?」 このように生産技術の仕事について疑問を持っていませんか? 生産技術は技術職の1つとして耳にしますが、どんな仕事をしているのかよくわからないですよね。...

生産技術がキャリアアップを考えるべきタイミングとは

生産技術がキャリアアップを考えるべきタイミングは「入社5年目」です。

なぜなら入社5年目は、生産技術者としての知見がある程度身についている時期だからです。

以下に、生産技術のキャリアアップのイメージを簡単にまとめました。

【生産技術のキャリアアップの流れ】

  1. 生産技術へ配属(工場実習):数週間〜半年程度
  2. 工場の担当として業務開始:〜入社5年目
  3. 人事異動(海外赴任、他部署への異動など):〜入社10年目
  4. マネジメント職:入社10年目〜
  5. 工場長、生産工程の責任者:入社20年目〜
  6. 事業部長、海外拠点の社長:入社30年目〜

一般的には入社5年目前後で、キャリアアップも兼ねた人事異動が通知されます。

生産技術として海外赴任になることや、より幅広い知見を身につけるために他部署に異動になるケースが多いです。

その後は入社10年目を目安にマネジメント職、そしてより上の役職へキャリアアップするようなイメージです。

キャリアアップ後の詳細は、次章より解説していきます。

生産技術のキャリアプラン①【同じ会社で働く場合】

ここでは「同じ会社で働く場合」の生産技術のキャリアプランをご紹介します。

順に確認していきましょう。

1.海外勤務

グローバルに拠点がある会社では、海外勤務が生産技術のキャリアアップの1つです。

海外拠点に駐在する日本人の数は限られているため、生産技術でも全員が海外勤務できるわけではありません。

そのため海外勤務の声がかかったら、上司から高く評価されていると考えられます。

海外勤務には以下などのメリットがあります。

【海外勤務のメリット】

  • マネジメントスキルが身につく
  • 海外手当がつく(約2倍の給料がもらえる)
  • 海外に住める

海外拠点には現地のスタッフが主に在籍しているため、日本の生産技術者は各拠点をマネジメントする役割として勤務することが多いです。

もちろん現地スタッフのマネジメントは簡単ではありませんが、日々仕事をこなす中で確実にマネジメントスキルが身につきます。

多くの手当がもらえることや、仕事で海外に住めることも嬉しいメリットでしょう。

海外勤務になることは、生産技術のもっともわかりやすいキャリアアップといえます。

2.他部署に異動して経験を積む

2つ目のキャリアプランは、他部署に異動して経験を積むことです。

ほかの部署の知見を身につけることで、より多角的な目線で工程設計をできるようになります。

上司があなたのキャリアアップを考えている場合は、「○年限定の異動」と期間が定められることが多いです。

このパターンの場合は、生産技術に戻った後にキャリアアップが期待できるでしょう。

3.マネジメント職

海外や他部署での経験を積んだ後のキャリアプランには、マネジメント職が考えられます。

具体的には、主任や係長、課長といったポストのことです。

マネジメント職ではこれまでの経験を元に、若手の生産技術者を管理する役割を果たします。

次長や部長といった上司ともうまく関わりながら業務を進める必要があり、非常にやりがいのある役職です。

4.工場長、生産工程の責任者

マネジメント職の次のキャリアプランは、工場長や生産工程の責任者になることです。

会社によって役職は異なりますが、本部長や事業部長の手前のポジションとしてイメージするとよいでしょう。

このような役職につくためには、以下などのスキルや経験が求められます。

【工場長や生産工程の責任者に求められること】

  • 勤続年数(少なくとも20年程度)
  • 過去の実績(業績をアップさせた経験など)
  • 周囲からの評価
  • マネジメントスキル
  • 的確な判断力

古い体質の会社では、勤続年数が長くなると無条件に昇格できることもあるようです。

適切に評価されて昇格するためには、過去の実績や周囲からの高い評価が必須です。

当然ですが、マネジメントスキルや的確な判断力も欠かせません。

工場長などの役職を目指したい方は、上記の求められることを意識して日々の業務を行うとよいでしょう。

5.事業部長、海外拠点の社長

さらに上の役職には、事業部長や海外拠点の社長などが考えられます。

これらのポストにつくためには、同年代の中でも一目置かれる存在になる必要があります。

圧倒的な実績がある人や、人望が厚い人がキャリアアップできるものです。

若手の間はイメージしにくいかもしれませんが、生産技術のキャリアプランとして知っておくとよいでしょう。

生産技術のキャリアプラン②【他社に転職する場合】

続いて「他社に転職する場合」の生産技術のキャリアプランをご紹介していきます。

それぞれ確認していきましょう。

1.生産技術→生産技術として転職する

1つ目のキャリアプランは、同じ生産技術として転職することです。

ほかの会社に生産技術として転職するメリットをご紹介します。

【同じ生産技術として転職するメリット】

  • 生産技術の知見が広がる
  • 実績を評価されてキャリアアップできることがある
  • 給料や待遇がよくなることがある

ひと口に「生産技術」といっても実際の業務内容は会社によってさまざまなので、転職すると生産技術の知見が広がります。

会社を変えるだけで、過去の実績を評価されてキャリアアップできることも珍しくありません。

また、同じような業務内容でも、給料や待遇がよくなることは多いです。

このように同じ生産技術として転職するメリットは大きいので、1つの会社である程度の経験を積んだ方は転職してキャリアアップを目指すのもありでしょう。

2.生産技術→製造業務のコンサルタントになる

生産技術の経験を活かし、製造業務のコンサルタントとしてキャリアを築く人もいます。

あまり知られていませんが、生産技術の経験があれば製造系のコンサルタント会社に転職できます。

コンサルタント会社で経験を積めば、フリーランスとして独立することも可能です。

工場をIOT化する需要は年々高まっているため、現場に詳しい生産技術出身のコンサルタントは今後ますます重宝されるでしょう。

3.生産技術→ほかの技術職へ転職する

生産技術のキャリアプランとして、ほかの技術職へ転職するパターンもあります。

生産技術として働く人には、業務を行っている中で幅広い知見が身についているものです。

具体的には、以下の知識やノウハウなどのことです。

【生産技術が持っている知識・ノウハウ】

  • 設計図面を読む力
  • 製品がつくられる全体像の理解
  • 設備設計の知識
  • 最新の生産技術の知識
  • 物流や生産管理の知識
  • 原価や製造コストに関する知識

幅広い知見がある生産技術には、ほかの職種よりも転職先の選択肢が多くあります。

経験のない職種へ転職するのは、勇気がいるかもしれません。

ですが、生産技術からなら転職しやすいので、キャリアプランを考える上で選択肢の1つとして持っておくとよいでしょう。

4.生産技術→異業種へ転職する

生産技術から異業種へ転職するキャリアパスもあります。

製造メーカーに入社する経緯は人によって異なりますが、実際に働いた結果「生産技術としてずっと働き続けたくない」と感じる方もいるでしょう。

完全に未経験の状態から転職する場合、「年齢の若さ」を重視されることが多いです。

もし生産技術から異業種へキャリアチェンジするなら、可能な限り早く決断することをおすすめします。

▼生産技術者が転職を成功させる方法を知りたい方はこちら▼
【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介
「生産技術って転職しやすいの?」 「今より働きやすい会社に転職したい…」 「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」 このように生産技術の転職について悩んでいませんか? 転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職...

生産技術としてキャリアアップするために必要なスキル

生産技術としてキャリアアップしたい方は、以下のスキルを習得するとよいでしょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

1.現場で発生した問題に1人で対応できるスキル

生産技術としてキャリアアップしたいなら、基本的な「生産技術力」を身につけておく必要があります。

現場の問題に1人で対処できないようでは、経験の浅い社員に指導できません。

そんな状態では、当然ながら周囲からの信頼も得られないでしょう。

若手のうちはとくに、「現場で発生した問題に1人で対応できること」を目標に業務に取り組んでみてください。

2.マネジメントスキル(コミュニケーション力、調整力)

マネジメントスキルも、生産技術としてキャリアアップするために必須です。

いくら生産技術力が高くても、部下をマネジメントできない人材はキャリアアップの声がかかりません。

コミュニケーション力や調整力が高い人ほど、上の役職につきやすいものです。

生産技術でキャリアアップしたいなら、周囲とよい関係を築くことを意識するとよいでしょう。

3.プログラミングスキル

プログラミングスキルを持つ生産技術者は、今後キャリアアップしやすいでしょう。

生産技術が業務を行う工場ではIOT化が進んでおり、今後もその傾向は加速していきます。

スモールファクトリー化・IOT化を進めていくためには、製品品質や設備の稼働状況など、工場のあらゆるデータを管理するプログラムが必要です。

プログラミングを扱える生産技術者は確実に重宝されるので、将来性のある人材になりたい方は今のうちに学習しておくことをおすすめします。

生産技術がキャリアアップするための具体的な行動

厳しい意見に聞こえるかもしれませんが、生産技術としてキャリアアップをするためには何かしらの努力をする必要があります。

周囲と同じように業務を行っていても、自分の理想のキャリアを築くことはできません。

そこで本章では、生産技術がキャリアアップするための具体的な行動を2つご紹介します。

【キャリアアップするための具体的な行動】

順に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

1.自分の市場価値を把握する

生産技術としてキャリアアップしたいなら、まずは自分の市場価値を把握することがおすすめです。

なぜならあなたは、転職するだけでキャリアアップできるかもしれないからです。

転職経験のない方はとくに、自身の市場価値を正しく認識できていないことが多いです。

無料で使える転職エージェントを活用して、転職市場におけるあなたの需要を確認してみるとよいでしょう。

【生産技術におすすめの転職エージェント】

前述したように、転職するだけで給料や待遇がよくなるケースは珍しくありません。

このようなことが起こるのは「自分の市場価値を正しく認識できていないこと」が理由です。

転職エージェントを利用したからといって必ず転職する必要はないので、気軽に市場価値を確かめてみるとよいでしょう。

なお、上記でご紹介した転職エージェントの詳細は次章「生産技術でキャリアアップしたい人におすすめの転職エージェント4選」にて解説しています。

2.スキル習得のために努力する

キャリアアップするための2つ目の方法は、スキル習得のために努力することです。

1つ目の市場価値を確認することと比べると、ややハードルが高く感じるかもしれません。

ですが同僚と差をつけるためには、やはりコツコツ努力することが大切です。

【スキル習得に向けた努力の例】

  • 生産技術力
    → 誰よりも現場に行き、設備やモノにたくさん触れる
  • コミュニケーション力、調整力
    → 自ら積極的にコミュニケーションをとる
  • プログラミングスキル
    → プライベートの時間やスキマ時間に学習する

前章でご紹介したスキルを習得するなら、上記などの努力がよいでしょう。

キャリアアップできる人は、ほかの人より影で努力しているものです。

若手のうちにできることを行い、将来の安定した暮らしを実現させましょう。

生産技術がプログラミングを学ぶなら「Python」がおすすめ

プログラミング言語には、さまざまな種類があります。

これまでプログラミングを学習したことがない人は、どの言語を習得すべきかわからないでしょう。

プログラミングを生産技術の仕事に活かしたいなら「Python」の学習をおすすめします。

「Python」を扱えれば、ビッグデータを解析したり、OK品・NG品を機械判定させたりすることが可能です。

オンラインで完結するスクールで無料体験してみるのがおすすめ

プログラミングの学習方法は、独学・スクールの2種類があります。

インターネット上に学習方法が公開されているので、独学で習得する人も少なくありません。

しかし、完全にゼロから学習すると挫折しやすいので、まずは有料スクールの無料体験でプログラミングの概要を知ることをおすすめします。

もっとも有名なスクールであるテックアカデミーの無料体験では、用語を解説してくれたり簡単なプログラミングの体験ができたりするので、概要を知りたい方は利用してみるとよいでしょう。

>>テックアカデミーの無料体験はコチラ

生産技術でキャリアアップしたい人におすすめの転職エージェント4選

最後に生産技術の転職事情に詳しいエージェントを4社ご紹介します。

いずれも無料で手厚いサポートが受けられる転職エージェントばかりです。

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

製造業やメーカーに特化「マイナビメーカーAGENT

こんな人におすすめ 初めて転職活動をする人
製造業に精通したアドバイザーに相談したい人
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/maker/

【マイナビメーカーAGENTの特徴】

  • 20代から最も支持されている転職エージェント
  • 初めての転職でも丁寧にサポートしてくれる
  • 決定率を高める豊富な転職支援が受けられる
  • 大手ならでは求人数の多さ
  • 業界に精通しているアドバイザーばかり

マイナビメーカーAGENTは、株式会社マイナビが運営する「製造業」「メーカー」などに特化した転職エージェントです。

大手のマイナビが運営しているため、求人数が多いだけでなくコンサルタントからの手厚いサポートが受けられます。

製造業に特化していることもあり、業界に詳しいメーカー出身のコンサルタントが多く在籍しています。

「マイナビ」が運営しているため大手の安心感がありつつ、専門性も兼ね備えていることが特徴です。

>>マイナビメーカーAGENTの無料登録はこちら

>>マイナビメーカーAGENTの評判・口コミはこちら

製造メーカーの内部事情に詳しい「メイテックネクスト

こんな人におすすめ 企業の内部事情を教えてもらいたい人
忙しくて平日には転職活動に割く時間がない人
求人数 常時10,000件以上
非公開求人数 全求人の約80%
対応エリア 全国
公式サイト https://www.m-next.jp/

【メイテックネクストの特徴】

  • エンジニアの求人数は業界No.1
  • 企業の内部事情を教えてくれる
  • コンサルタントの半数以上がメーカーの技術系出身
  • 土日や祝日にも対応してくれる
  • メイテックネクストにしかない独占求人も多数保有している

メイテックネクストは、モノづくり系エンジニアの転職で実績No.1の転職エージェントです。

メイテックネクストにしかない独占求人も豊富にあり、製造業の求人数は業界トップクラスです。

エンジニア専門の転職エージェントなので、大企業だけでなく優良な中小企業の求人も数多く保有しています。

ただし、求人数の8割はサイトには掲載されていない非公開求人なので、すべての求人をチェックしたい方は会員登録が必要です。

>>メイテックネクストの無料登録はこちら

>>メイテックネクストの評判・口コミはこちら

年収600万円以上を目指せる「JACリクルート

こんな人におすすめ これまで築いたキャリアを活かして転職したい人
年収600万円以上の求人を探している人
公開求人数 約11,500件
非公開求人数 全求人の約60%
対応エリア 全国
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/

【JACリクルートの特徴】

  • 30~50代に強い(転職決定者の70%以上が35歳以上)
  • 利用者の満足度が高い(知人や友人に勧めたい方が94.5%)
  • 求人・コンサルタントの質が高い
  • 大手の優良求人を豊富に扱っている
  • 経歴・実績がないと断られることもある

JACリクルートは、年収600万円以上の大手企業に転職したい方へおすすめのエージェントです。

大手の優良求人が豊富で、各業界に特化した質の高いコンサルタントが数多く在籍しています。

注意点として、実績が不足していると「紹介できる案件がない」とはっきり断られることもあります。

とはいえ、断られるかどうかは利用してみないとわからないですし、あなたの市場価値を確認する意味でもまずは無料相談してみるとよいでしょう。

>>JACリクルートメントの無料登録はこちら

>>JACリクルートメントの評判・口コミはこちら

求人数や支援実績が業界トップ「リクルートエージェント

こんな人におすすめ 転職したいけど何から始めるべきかわからない人
どの転職エージェントがよいかわからない人
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 約200,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

【リクルートエージェントの特徴】

  • 求人数が業界トップ
  • 転職支援実績も業界トップ
  • あらゆる業界に対応している
  • 豊富な実績をもとにサポートしてくれるため内定率が高い
  • コンサルタントの交渉力が高い

リクルートエージェントは、求人数や支援実績が業界トップの転職エージェントです。

とにかく幅広い求人を取り揃えているので、どんな方でも希望の求人が見つかります。

また、コンサルタントは豊富な経験やノウハウを持っているので、サポートの質も高いです。

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は、まずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

>>リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

まとめ:生産技術としてキャリアアップしたいなら何かしらの行動に移そう

今回は生産技術のキャリアプラン9種とキャリアアップするための方法をご紹介しました。

生産技術としてキャリアアップするための具体的な行動は、以下の2つです。

【キャリアアップするための具体的な行動】

  • 自分の市場価値を把握する
  • スキル習得のために努力する

過去の実績を利用すれば、転職するだけでキャリアアップできる可能性も十分にあります。

転職経験のない方はとくに、自分の市場価値を正しく認識できていないことが多いです。

まずは転職エージェントに相談して、あなたの市場価値を確認してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました