【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

「生産技術って転職しやすいの?」
「今より働きやすい会社に転職したい…」
「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」

このように生産技術の転職について悩んでいませんか?

転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職の難易度がわからず不安に感じますよね。

では、生産技術として働く人が転職を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 生産技術として働く人が転職を考える理由
  • 生産技術が転職しやすい職業である理由
  • 生産技術の転職で求められる能力・スキル
  • 生産技術の転職が有利になる資格
  • 生産技術の転職を成功させる志望動機のポイント
  • 生産技術におすすめの転職エージェント【パターン別】

について詳しく解説します。

この記事を見れば生産技術者が転職を成功させる方法が必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

多くの生産技術者が転職しようと考える3つの理由

生産技術として働く人が転職を考える理由は、主に以下の3つです。

ぜひ自身の境遇と比較しつつ読み進めてみてください。

順に確認していきましょう。

残業や休日出勤が多い

生産技術はそもそもの業務量が多かったり、トラブル対応を頻繁にする必要があったりして残業が多くなりがちです。

また、トライ検証や設備の立ち上げなどを行うために、休日出勤することもしばしばあります。

平日は自由な時間がほとんどなく、さらに休日出勤までしていたらプライベートの時間をほとんど確保できません。

「プライベートの時間を確保するために転職する」というのは、自然な発想でしょう。

納期に追われやすくプレッシャーがきつい

生産技術は新製品の立ち上げ業務や既存工程の改善業務などを同時に進める必要があり、納期に追われることが多いです。

加えて、上流工程が納期遅れをしたために、生産技術が短納期で依頼を受けることも少なくありません。

多忙な状態が続いていると、常に納期に追われプレッシャーを感じてしまいます。

過度なプレッシャーから逃れるために、転職を考える生産技術者もたくさんいます。

職場の人間関係に悩みを抱えている

生産技術は多くの関係部署と協力して仕事を進めないといけません。

人間関係を築くのが得意な人は問題ありませんが、あらゆる人と仲良くなるのが苦手な人は苦痛に感じてしまうものです。

とくに生産現場には、感情的になって悪口をいう人や無理なお願いする人がいることも珍しくありません。

人間関係の悩みを理由に、転職を考える生産技術者も多いです。

▼生産技術がきついといわれる理由を知りたい方はこちら▼
【経験談】生産技術できついと感じたこと11選|激務でつらい方が現状を変える3つの方法も解説!
「生産技術がきつすぎて無理…」 「生産技術が激務なのは自分の会社だけ…?」 「生産技術がきついけど、どう改善したらいいかわからない…」 このように生産技術の仕事がきついと悩んでいませんか? 生産技術は残業が多かったり人間関係...

【心配しなくてOK】生産技術は転職しやすい職業!

現在の職場に不満を感じ、転職を考えている生産技術の方は安心してください。

なぜなら、生産技術は転職しやすい職業だからです。

ここでは、生産技術が転職しやすい職業である3つの理由を解説します。

詳しく確認していきましょう。

幅広い業務を行っているため汎用性が高い

生産技術として働いていると、幅広い業務を行うなかでさまざまな知見が身に付いているものです。

具体的には、以下の知識やノウハウなどのことです。

【生産技術が持っている知識・ノウハウ】

  • 設計図面を読む力
  • 製品がつくられる全体像の理解
  • 設備設計の知識
  • 最新の生産技術の知識
  • 物流や生産管理の知識
  • 原価や製造コストに関する知識

幅広い知見がある生産技術は、ほかの職種よりも転職先の選択肢が多くあります。

たとえば、他メーカーの生産技術を目指す場合には、求められる能力に応じてアピール内容を変えることが可能です。

そのほか、生産技術から設計や生産管理といった異なる職種に転職する場合も、少なからず持っている知識をアピールできるでしょう。

幅広い知見があることは、生産技術が転職しやすい理由の1つです。

異業種に転職する際にも製品知識は問われない

生産技術として異業種に転職する場合には、製品知識よりも生産技術力が求められます。

そのため、生産技術という同じ職業であれば異業種への転職のハードルもあまり高くありません。

実際に、生産技術として異業種の会社へ転職をしている人はたくさんいます。

異業種に転職する際に製品知識が問われないことは、生産技術が転職しやすい理由といえるでしょう。

そもそも生産技術者が不足している

日本の主要産業である製造業は、人手不足が深刻な問題となっています。

ものづくり白書(2019年版)によると、日本の製造業の会社のうち94.8%が「人材確保に何かしらの課題がある」とのこと。

これは製造業の全体に関する数字ではありますが、会社全体が人手不足のなか生産技術だけが足りているとは考えにくいでしょう。

自職場の状況を考えると容易に納得できるとは思いますが、生産技術は不足しているため転職もしやすいです。

生産技術の転職で求められる能力やスキルとは

生産技術の転職で求められる能力・スキルは、以下の3つです。

【生産技術の転職で求められる能力・スキル】

  • コミュニケーション能力
  • 現状を正確に分析する力
  • 柔軟な発想力

生産技術は製造部門や設計部門など、関連部署と協力して業務を進める必要があるため、コミュニケーション能力が欠かせません。

また、適切な対策をして生産性の高いラインを作り上げるためにも、現状を正確に分析し問題点をしっかりと把握できる人材が求められます。

そのほか、柔軟な発想力がある人材も急なトラブルに臨機応変に対応できるため、生産技術の転職市場において重宝されやすいです。

▼生産技術に求められるスキルを知りたい方はこちら▼
【徹底調査】生産技術に求められる9つのスキル!効率的に能力を身に付ける方法も解説
「生産技術にはどんなスキルが必要?」 「生産技術に必要なスキルを身に付けるにはどうしたらいい?」 このように生産技術に求められるスキルについて疑問を持っていませんか? 転職活動のときに適切にアピールするためにも、どんなスキルが...

生産技術の転職が有利になる資格

生産技術の転職において資格が求められることはほとんどありません。

しかしながら、取得しておくと転職活動で有利になる資格は存在します。

たとえば、以下などの資格です。

資格の名前 内容
CAD利用技術者試験 設計に用いるCADの技術知識を証明する資格
機械保全技能検定 設備のメンテナンス業務に必要な知識を証明する資格
生産技術者マネジメント資格(CPE) 生産技術の管理者やこれから管理者を目指す人に向けた資格
※生産技術の経験が5年以上ある人が対象

生産技術として5年以上のキャリアがある方は、CPEの取得をおすすめします。

大手企業でもCPEの取得が推進されており、資格を所持していれば転職活動で確実に有利に働きます。

【CPEの取得を推進している大企業の例】

  • トヨタ自動車
  • パナソニック
  • ソニー
  • NEC
  • NTT

「転職前に何かしら資格を取得しておきたい」という方は、本章でご紹介した資格の勉強をしてみるとよいでしょう。

▼生産技術に関する資格についてもっと知りたい方はこちら▼
【保存版】生産技術に関する資格8選!合格率や難易度、勉強時間の目安なども解説
「生産技術に関する資格にはなにがある?」 「生産技術が資格を取得するメリットってあるの?」 このように生産技術の資格取得について疑問を持っていませんか? 未経験から生産技術を目指す場合はとくに、転職で有利になる資格がないか気に...

生産技術の転職を成功させる志望動機のポイント3つ

続いて、志望動機の書き方のコツを3つご紹介します。

順に確認していきましょう。

業界を選んだ理由を明確に伝える

生産技術者が転職する際の志望動機では、その企業の業界を選んだ理由を明確に伝えることが大切です。

生産技術の活躍の場は、製造業のすべての企業にあります。

そのため業界を選んだ理由を伝えないと、面接官に「数多くあるほかの会社でもよいのでは?」と思われかねません。

生産技術者の志望動機では、その業界を選んだ理由を明確に伝えるようにしましょう。

業界の中でなぜその企業を選んだのかを伝える

業界の志望理由だけでなく「その業界の中でなぜその企業を選んだのか」を伝えることも重要です。

同業他社でも通用するような志望理由では、志望度の高さは伝わりません。

面接官からすると、企業への熱意が伝わる人材ほど「誠実かつ長期的に働いてくれそう」とイメージするものです。

志望度の高さをアピールするためにも「なぜその企業を選んだのか」を確実に伝えるようにしましょう。

自分が貢献できることを伝えて企業との相性のよさをアピールする

志望動機の3つ目のポイントは、会社に貢献できるとアピールすることです。

いくら志望度の高さを伝えても、会社にとって有益な存在でなければ採用にはつながりません。

会社に対してどのように貢献できるかを伝え、採用するメリットがあることを認識してもらいましょう。

会社への志望度の高さ、あなたを採用するメリットがアピールできれば、高確率で採用につながるはずです。

▼高く評価される志望動機の書き方を知りたい方はこちら▼
【例文あり】生産技術の志望動機のコツは3つ|企業が重視すること、完成度を上げる秘訣も解説
「生産技術の志望動機のコツは?」 「参考にできる例文はないのかな?」 このように生産技術の志望動機について悩んでいませんか? 未経験の方だけでなく生産技術の経験がある方でも、転職経験がないと「面接官に刺さる志望動機の書き方」が...

【失敗しない秘訣】生産技術が転職するなら転職エージェントの活用がおすすめ

転職活動をするなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1種で、転職活動のプロであるキャリアアドバイザーにさまざまなサポートをしてもらえるもの。

登録も利用も無料なので、控えめにいっても活用しないのはもったいないですよ。

ここでは転職エージェントの概要と、うまく活用するためのコツを解説します。

順に確認していきましょう。

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントのサービス内容は、以下のとおりです。

【転職エージェントのサービス内容】

  • 求人探し
  • 企業研究の支援
  • 書類添削
  • 面接対策
  • スケジュール調整・管理
  • 採用条件の交渉

転職活動の初めから終わりまで、あらゆるサポートをしてくれます。

忙しい生産技術者にとっては、スケジュール管理を行ってくれることもうれしいポイントです。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは企業に人材を紹介することで、企業から手数料をもらっています。

求職者が無料で手厚いサポートを受けられるのは、この仕組みがあるためです。

転職エージェントの利用経験がない方は怪しいと感じるかもしれませんが、仕組みを理解すれば無料で利用できることが納得できるでしょう。

転職を成功させたい方は、転職エージェントをうまく活用することをおすすめします。

転職エージェントは複数利用するのがおすすめ

転職エージェントを使った転職活動で失敗しないコツは「複数の会社を同時利用すること」です。

実際に、転職に成功した人は平均3社の転職エージェントに登録しています。

複数利用がおすすめな理由は、以下のとおりです。

【複数利用がおすすめな理由】

  • 優秀で相性のよい担当者に出会える可能性が高まる
  • 紹介してもらえる求人数が増える
  • 状況に応じて転職エージェントを使い分けられる

転職エージェントは人材紹介することで収益を上げているため、担当者によっては内定を獲得しやすい企業を紹介されたり、内定を急かされたりすることがあります。

アドバイザーも人なので相性があるのは仕方のないことですが、複数利用していればその分よい担当者にも出会いやすくなります。

また、利用するサイトが多いほど求人の選択肢が増え、使いにくいエージェントも見極めやすくなるものです。

転職エージェントをうまく活用するためにも、まずは2~3社登録して比較してみることをおすすめします。

生産技術におすすめの転職エージェントまとめ

登録する転職エージェントは、転職の目的に合ったサービスを選ぶことが大切です。

ここでは生産技術の転職パターン別に、もっともおすすめな転職エージェントをご紹介します。

転職のパターン 人気No.1転職エージェント
他メーカーの生産技術を目指す マイナビメーカーAGENT
生産技術で年収600万円以上を目指す JACリクルート
生産技術からほかの職種へ転職を目指す リクルートエージェント

各エージェントの特徴は以下のとおりです。

人気No.1転職エージェント こんな人におすすめ
マイナビメーカーAGENT
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/maker/
  • 初めて転職活動をする人におすすめ
  • 製造業に精通したアドバイザーから決定率を高める豊富な支援が受けられる
JACリクルート
公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/
  • これまで築いたキャリアを活かして転職したい人におすすめ
  • 実績が不足していると利用を断られることもあり、信頼できる転職エージェント
リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/
  • 職種を変えたいけど何から始めるべきかわからない人におすすめ
  • 求人数や支援実績が業界トップ。迷ったら登録すべき王道の転職エージェント

そのほかの転職エージェントも含めて、詳細は次章より解説していきます。

ご自身の目的に合わせて、転職エージェントの詳細を確認してみてくださいね。

以下のリンクをクリックすると、目的に応じた転職エージェント紹介にジャンプします。

【他メーカーの生産技術を目指す人向け】おすすめの転職エージェント

他メーカーの生産技術を目指す人におすすめの転職エージェントは、以下の2つです。

それでは1社ずつ詳しく見ていきましょう。

マイナビメーカーAGENT

こんな人におすすめ 初めて転職活動をする人
製造業に精通したアドバイザーに相談したい人
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/maker/

【マイナビメーカーAGENTの特徴】

  • 20代から最も支持されている転職エージェント
  • 初めての転職でも丁寧にサポートしてくれる
  • 決定率を高める豊富な転職支援が受けられる
  • 大手ならでは求人数の多さ
  • 業界に精通しているアドバイザーばかり

マイナビメーカーAGENTは、株式会社マイナビが運営する「製造業」「メーカー」などに特化した転職エージェントです。

大手のマイナビが運営しているため、求人数が多いだけでなくコンサルタントからの手厚いサポートが受けられます。

製造業に特化していることもあり、業界に詳しいメーカー出身のコンサルタントが多く在籍しています。

「マイナビ」が運営しているため大手の安心感がありつつ、専門性も兼ね備えていることが特徴です。

>>マイナビメーカーAGENTの無料登録はこちら

>>マイナビメーカーAGENTの評判・口コミはこちら

メイテックネクスト

こんな人におすすめ 企業の内部事情を教えてもらいたい人
忙しくて平日には転職活動に割く時間がない人
求人数 常時10,000件以上
非公開求人数 全求人の約80%
対応エリア 全国
公式サイト https://www.m-next.jp/

【メイテックネクストの特徴】

  • エンジニアの求人数は業界No.1
  • 企業の内部事情を教えてくれる
  • コンサルタントの半数以上がメーカーの技術系出身
  • 土日や祝日にも対応してくれる
  • メイテックネクストにしかない独占求人も多数保有している

メイテックネクストは、モノづくり系エンジニアの転職で実績No.1の転職エージェントです。

メイテックネクストにしかない独占求人も豊富にあり、製造業の求人数は業界トップクラスです。

エンジニア専門の転職エージェントなので、大企業だけでなく優良な中小企業の求人も数多く保有しています。

ただし、求人数の8割はサイトには掲載されていない非公開求人なので、すべての求人をチェックしたい方は会員登録が必要です。

>>メイテックネクストの無料登録はこちら

>>メイテックネクストの評判・口コミはこちら

【生産技術で年収600万円以上を目指す人向け】おすすめの転職エージェント

高年収の方や役職付きの方などが転職を検討する場合は、ハイクラス転職に特化した転職エージェントに登録することがおすすめです。

なぜなら、ハイクラス転職はサポートの難易度も高く、エージェントの質の高さも求められるからです。

生産技術で年収600万円以上を目指す人におすすめの転職エージェントは、以下の2つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

JACリクルート

こんな人におすすめ これまで築いたキャリアを活かして転職したい人
年収600万円以上の求人を探している人
公開求人数 約11,500件
非公開求人数 全求人の約60%
対応エリア 全国
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/

【JACリクルートの特徴】

  • 30~50代に強い(転職決定者の70%以上が35歳以上)
  • 利用者の満足度が高い(知人や友人に勧めたい方が94.5%)
  • 求人・コンサルタントの質が高い
  • 大手の優良求人を豊富に扱っている
  • 経歴・実績がないと断られることもある

JACリクルートは、年収600万円以上の大手企業に転職したい方へおすすめのエージェントです。

大手の優良求人が豊富で、各業界に特化した質の高いコンサルタントが数多く在籍しています。

注意点として、実績が不足していると「紹介できる案件がない」とはっきり断られることもあります。

とはいえ、断られるかどうかは利用してみないとわからないですし、あなたの市場価値を確認する意味でもまずは無料相談してみるとよいでしょう。

>>JACリクルートメントの無料登録はこちら

>>JACリクルートメントの評判・口コミはこちら

ビズリーチ

こんな人におすすめ 現職に支障をきたさずに転職活動をしたい人
キャリアアップでき、かつ自分と相性のよい企業に出会いたい人
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 非公開
対応エリア 全国
公式サイト https://www.bizreach.jp/

【ビズリーチの特徴】

  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
  • ヘッドハンティング型の転職サービス
    (転職成功者の8割以上がスカウトからの転職)
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • スカウトによって自分の市場価値を把握できる
  • すべてのサービスを利用するには有料会員に登録する必要がある(月額4980円)

ビズリーチは、ヘッドハンティング型で業界トップクラスの転職サービスです。

登録をしておくと企業やヘッドハンターからスカウトがくるので、現職に影響を出さずに転職活動を進められます。

注意点として、一部サービス(ヘッドハンターへの相談、ヘッドハンターが保有する求人への応募など)は有料会員にならないと利用できません。

しかしながら、基本的なサービスは無料で使えますし、利用して必要性を感じたら課金すればよいだけなので、無料登録だけしておいてスカウト待ちの状態にしておくことがおすすめです。

>>ビズリーチの無料登録はこちら

>>ビズリーチの評判・口コミはこちら

【生産技術からほかの職種へ転職を目指す人向け】おすすめの転職エージェント

生産技術からほかの職種へ転職を目指す人におすすめの転職エージェントは、以下の2つです。

順に確認していきましょう。

リクルートエージェント

こんな人におすすめ 職種を変えたいけど何から始めるべきかわからない人
どの転職エージェントがよいかわからない人
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 約200,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

【リクルートエージェントの特徴】

  • 求人数が業界トップ
  • 転職支援実績も業界トップ
  • あらゆる業界に対応している
  • 豊富な実績をもとにサポートしてくれるため内定率が高い
  • コンサルタントの交渉力が高い

リクルートエージェントは、求人数や支援実績が業界トップの転職エージェントです。

とにかく幅広い求人を取り揃えているので、どんな方でも希望の求人が見つかります。

また、コンサルタントは豊富な経験やノウハウを持っているので、サポートの質も高いです。

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は、まずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

>>リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

doda

こんな人におすすめ 幅広い業界・職種の求人を見たい人
未経験からの転職実績が豊富なエージェントを利用したい人
公開求人数 約105,000件
非公開求人数 約35,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

【dodaの特徴】

  • 業界2位の求人数
  • あらゆる職種の求人に応募できる
  • 土曜日にもカウンセリングの対応をしてくれる(電話・メールでもOK)
  • 未経験からのキャリアチェンジが実現できる
  • スカウトサービスを活用すれば、企業から直接オファーが届く

dodaは業界2位の求人数を誇り、幅広い職種の求人に応募できる転職エージェントです。

30年を超える転職支援の実績があり、サポート体制も充実しています。

キャリアアドバイザーがあなたの強みや弱みを客観的に整理してくれるので、未経験からの転職でも方向性を見つけやすいです。

生産技術からほかの職種へ転職を目指すなら、業界1位のリクルートエージェントと合わせてdodaを利用することをおすすめします。

>>dodaの無料登録はこちら

>>dodaの評判・口コミはこちら

まとめ:生産技術は転職しやすいから大丈夫!エージェントをうまく活用して転職を成功させよう

今回は生産技術者が転職を成功させる方法について徹底解説しました。

生産技術は幅広い知見を持っており、そもそもの人員も不足しているため転職しやすい職業です。

現在の会社に何かしらの不満を抱いているなら、転職エージェントに相談して転職できそうな企業を教えてもらうとよいでしょう。

利用する転職エージェントは、転職の目的に合ったサービスを選ぶことが大切です。

どこに登録すべきか迷う方には、製造業に精通したキャリアアドバイザーが豊富な「マイナビメーカーAGENT」がおすすめです。

転職エージェントは、面倒な手続きを代行してくれたり自分に合った求人を紹介してくれたりと、うまく活用すれば確実にあなたの転職活動の支えとなってくれます

便利なサービスを有効活用して、よりよい企業への転職を成功させてください。

あなたの成功を応援しています。

タイトルとURLをコピーしました