【生産技術を辞めたい…】嫌だと思いながら無理して働き続けるリスク、現状を変える3つの方法を解説

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

「生産技術を辞めたい…」
「この先も我慢して働き続けるのは嫌だ…」
「でも何をすべきかわからない…。」

このように生産技術を辞めたいと悩んでいませんか?

生産技術を辞めたいと思っても、転職する勇気はないし困ってしまいますよね。

では、生産技術を辞めたい人はどうすべきなのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 多くの人が生産技術を辞めたいと思う理由
  • 生産技術を辞めたいと思いながら働き続けるリスク
  • 生産技術を辞めたい人にお伝えしたいこと
  • つらい現状を変える3つの選択肢

について詳しく解説します。

この記事を見れば生産技術を辞めたいあなたが何をすべきか必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

もう嫌だ…多くの人が生産技術を辞めたいと思う4つの理由

多くの人が生産技術を辞めたいと思う理由は、以下の4つです。

それぞれ詳しく解説していきますので、自身と比較しつつ読み進めてみてください。

1.人間関係がストレス

現場や関係部署との人間関係がストレスで、生産技術を辞めたいと考える人は非常に多いです。

とくにストレスの原因となりやすいのは、製造部との人間関係です。

製造部との人間関係にストレスを感じる理由としては、以下などがあげられます。

【製造部との人間関係にストレスを感じる理由】

  • 立場上嫌われやすい(生産技術から依頼することが多いため)ので、気を遣って接する必要がある
  • 精神論で無理な要望を押し付けられることがある
  • 大卒だからできて当然といわれる

時間とお金が自由に使えたらどんな要望にも応えられますが、さまざまな制約があるなかで製造部の無理難題に対応することは不可能でしょう。

生産技術が依頼するときには謝罪を求められるのに、製造部からの要望は「何とかしろ」といわれていては誰しもストレスを感じます。

実際、人間関係が原因で生産技術を辞める人は少なくありません。

人間関係のストレスは、生産技術を辞めたいと思う理由となるでしょう。

2.残業や休日出勤が多くプライベートの時間が少ない

生産技術を辞めたいと思う理由として、プライベートの時間が少ないこともあげられます。

「たくさん働いてたくさん稼ぎたい!」という人ならいいですが、そうではない方にとっては苦痛でしかないはずです。

平日だけでなく休日にも予定を入れられないと、仕事がメインの生活になってしまい、何のために働いているかわからなくなってしまいます。

残業や休日出勤の多さがストレスで、生産技術を辞めたいと考える人も少なくないでしょう。

3.工場での仕事が苦痛

工場で仕事を行うこと自体が苦痛で、生産技術を辞めたいと思う人もいます。

生産技術が仕事を行う製造現場は、決して恵まれた環境とはいえません。

【恵まれた環境とはいえない生産現場】

  • 材料や油のニオイが充満している
  • 冷房や暖房がない
  • 体が汚れる仕事をすることもある

このような仕事環境を苦痛に感じ、生産技術を辞めたいと考える人も多いです。

4.仕事内容に興味がなくモチベーションが上がらない

仕事内容に興味が持てず、生産技術を辞めたいと考える人も少なくありません。

生産技術の主な仕事は、モノづくりができるように工程整備をすることです。

自動車やDIYが趣味の人なら前向きに働けるかもしれませんが、モノづくりに興味がない人はモチベーションがわきにくいものです。

生産技術の仕事内容に興味がない人も、仕事を辞めたいと思うでしょう。

▼生産技術のきつい部分をもっと知りたい方はこちら▼
【経験談】生産技術できついと感じたこと11選|激務でつらい方が現状を変える3つの方法も解説!
「生産技術がきつすぎて無理…」 「生産技術が激務なのは自分の会社だけ…?」 「生産技術がきついけど、どう改善したらいいかわからない…」 このように生産技術の仕事がきついと悩んでいませんか? 生産技術は残業が多かったり人間関係...

【知らないと危険】生産技術を辞めたいと思いながら働き続けるリスクとは

生産技術を辞めたいと思いながら働き続けることにはリスクがあります。

取り返しがつかないことになってからでは遅いです。

ぜひ自分ごととして考えていただき、記事を読み進めてみてください。

1.うつ病になる可能性がある

「生産技術を辞めたい」と思いながら無理して続けていると、うつ病になってしまう可能性があります。

なぜなら、生産技術は低いモチベーションで成果が出せるほど楽な仕事ではなく、成果が出せないと徐々に視野もせまくなってしまうからです。

生産技術は担当レベルでも責任が大きい仕事を任せられることが多く、真面目な人ほど仕事を1人で抱えてしまいストレスをためやすいです。

現在我慢して働いている人は、自分がうつ病になってしまうリスクがあることを認識しておきましょう。

▼生産技術でうつ病になりやすい人の特徴はこちら▼
生産技術はうつ病になりやすい!病気になりやすい人の特徴や3つの予防法を解説
「生産技術ってうつ病になりやすい…?」 「生産技術を続けていたら、自分もうつ病になってしまうのかな…?」 このように生産技術でうつ病にならないか心配していませんか? 生産技術はうつ病になる人も少なくないので、仕事を楽しめて...

2.感覚がマヒして我慢して働くことが当たり前になる

辞めたいと思いながらずるずる続けていると、少しずつ感覚がマヒして我慢して働くことが当たり前になってしまいます。

これは、経験を重ねるにつれて違和感を覚えてもあきらめがちになるからでしょう。

「新入社員の頃に感じていた不満」を思い出すとわかりやすいはずです。

【新入社員の頃に感じる不満の例】

  • 製造現場の非合理的な意見に従うこと
  • 書類を紙媒体で管理していること
  • 不必要にある飲み会

慣れないうちは違和感を覚えていても、時間が経つとさまざまなことを受け入れてしまっているものです。

しかしながら、我慢して働くことが当たり前になると、あなたが心から思う幸せな生活とは遠ざかってしまうはずです。

嫌いな仕事に価値観を変えられる可能性があることも、辞めたいと思う仕事を続けるリスクといえます。

3.経験年数を重ねるごとに転職のハードルが上がる

辞めたいと思う仕事を続けていると、転職のハードルが高くなるリスクもあります。

理由としては、年齢を重ねるにつれて別の職種に転職する勇気がわきにくくなるからです。

加えて、経験年数を重ねるごとに仕事もできるようになるので、嫌な生産技術の仕事でも「辞めるのがもったいない」と考えてしまうこともあるでしょう。

嫌いな仕事から転職するハードルを自ら上げてしまうことは、大きなリスクといえるでしょう。

生産技術を辞めたい人に知っておいてほしいこと

ここからは「生産技術を辞めたい人に知っておいてほしいこと」をお伝えしていきます。

それぞれ解説していきます。

1.辞めたいと思うような仕事をこの先好きになることはない

この記事にたどりついたあなたは、少なからず生産技術が嫌だと思っているはずです。

一度辞めたいと思うような仕事を、この先心から好きになるとは考えられません。

何かしら行動を起こさないと、嫌いな仕事をずっと続けることになってしまいます。

厳しい意見に聞こえるかもしれませんが、自分自身のためにもしっかり現実と向き合いましょう。

2.ただ生産技術に向いていないだけの可能性がある

「あなたは生産技術の適正がなかっただけ」という可能性があることもお伝えしたいです。

生産技術に向いているのは、以下などの特徴がある人です。

【生産技術に向いている人の特徴】

  • モノづくりが好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 困難な状況でも前向きに考えられる人
  • スピード感を持って取り組むのが得意な人
  • 海外で働くことに憧れがある人

1つも当てはまらないなら、あなたはそもそも生産技術に向いていないといえるでしょう。

どんな職種にも向き不向きがあるので、生産技術が合わなかったからといって、あなたに向いている仕事がないわけではありません。

ほかにも仕事の選択肢がたくさんあることを、改めて認識しておくとよいでしょう。

▼自分が生産技術に向いているか判断したい方はこちら▼
【特徴9つ】生産技術に向いている人とは?適性がない人・これから目指す人がすべき行動を解説
「生産技術はどんな人に向いている?」 「やっぱり自分は生産技術に向いていないのかな…?」 このようにあなたが生産技術に向いているかを知りたいと思っていませんか? 仕事は人生のなかでも多くの時間を費やすものですし、できれば自...

3.生産技術で働いた経験は転職活動でアピールしやすい

生産技術の業務経験が転職活動でアピールしやすいことも、ぜひ知っておいてください。

生産技術として働いていると、幅広い業務を行うなかでさまざまな知見が身に付いているものです。

たとえば、以下の知識やノウハウなどのことです。

【生産技術が持っている知識・ノウハウ】

  • 設計図面を読む力
  • 物流や生産管理の知識
  • 原価や製造コストに関する知識
  • 現状を正確に分析するスキル
  • 状況を整理して論理的に伝える力
  • コツコツと作業を進める忍耐力

生産技術からほかの技術職へ転職を目指す場合は、求められる能力に応じて持っている知見をアピールできるはずです。

そのほかの職種へ未経験から転職を目指す場合でも、分析力や論理的に伝える力、忍耐力などは強みとしてアピールできるでしょう。

生産技術として働いた経験が、完全にむだになることは絶対にありません。

これまでの経験が転職活動でアピール材料になることを、ぜひ認識しておいてください。

【選択肢は3つ】生産技術を辞めたい人が現状を変える方法

続いて、生産技術を辞めたい人がつらい現状を変える方法を3つご紹介します。

順に確認していきましょう。

1.部署異動できないか相談する

もし会社自体には不満を抱いていないのなら、部署移動が1番の選択肢でしょう。

転職すると仕事だけでなく生活環境も変わるので、何かと大変なことが多いです。

同じ会社であれば新たな仕事を覚えることだけに専念できるので、負担は少ないはずです。

生産技術という仕事だけが苦痛なのであれば、上司や人事に部署移動できないか相談してみるとよいでしょう。

2.転職して生産技術を辞める

異動先の部署でも生産技術と関わることは多いので「同じ会社では働きたくない…」と考える人も多いはずです。

このように考える方には、転職して生産技術を辞めることをおすすめします。

前章でお伝えしたとおり、生産技術の業務経験は転職する際のアピール材料として必ず使えます。

年数を重ねて転職のハードルが上がってしまう前に、早めに行動を起こしてみてください。

▼生産技術者の転職成功の秘訣を知りたい方はこちら▼
【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介
「生産技術って転職しやすいの?」 「今より働きやすい会社に転職したい…」 「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」 このように生産技術の転職について悩んでいませんか? 転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職...

3.つらすぎるなら退職する

現状がつらすぎる方は、転職先を決める前に退職するのも1つの選択肢です。

多忙な業務と同時並行で転職活動を進めるのは、心身ともに負担が大きいです。

無理に転職活動を進めて、自分で自分を追い込んでしまっては元も子もありません。

自分の身を守るためにも、つらすぎるなら退職を考えてみてください。

  • 上司や先輩に「設計職を辞めたい」と伝えられない人
  • 辞めたいと思いながらも、ずるずると続けてしまっている人
  • 退職意思を伝えてからの面倒な手続きをしたくない人

上記に当てはまる人は、退職代行Jobsなどの退職代行サービスを利用するのもおすすめです。

退職代行を使うと、会社に直接言いづらいことなどがあっても代わりに対応してもらえます。

退職代行Jobsには、無料でカウンセリングしてくれるサービスもあります。

退職について不安がある方は、1度相談してみてもよいでしょう。

>>退職代行Jobsの無料カウンセリングはこちら

生産技術を辞めたい人におすすめの転職エージェント3選

最後に生産技術から転職したい人に向けて、おすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

いずれも無料で手厚いサポートが受けられる転職エージェントばかりです。

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

製造業やメーカーへの転職なら「マイナビメーカーAGENT

こんな人におすすめ 初めて転職活動をする人
製造業に精通したアドバイザーに相談したい人
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/maker/

【マイナビメーカーAGENTの特徴】

  • 20代から最も支持されている転職エージェント
  • 初めての転職でも丁寧にサポートしてくれる
  • 決定率を高める豊富な転職支援が受けられる
  • 大手ならでは求人数の多さ
  • 業界に精通しているアドバイザーばかり

マイナビメーカーAGENTは、株式会社マイナビが運営する「製造業」「メーカー」などに特化した転職エージェントです。

大手のマイナビが運営しているため、求人数が多いだけでなくコンサルタントからの手厚いサポートが受けられます。

製造業に特化していることもあり、業界に詳しいメーカー出身のコンサルタントが多く在籍しています。

「マイナビ」が運営しているため大手の安心感がありつつ、専門性も兼ね備えていることが特徴です。

>>マイナビメーカーAGENTの無料登録はこちら

>>マイナビメーカーAGENTの評判・口コミはこちら

生産技術からほかの職種へ転職を目指すなら「リクルートエージェント

こんな人におすすめ 職種を変えたいけど何から始めるべきかわからない人
どの転職エージェントがよいかわからない人
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 約200,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

【リクルートエージェントの特徴】

  • 求人数が業界トップ
  • 転職支援実績も業界トップ
  • あらゆる業界に対応している
  • 豊富な実績をもとにサポートしてくれるため内定率が高い
  • コンサルタントの交渉力が高い

リクルートエージェントは、求人数や支援実績が業界トップの転職エージェントです。

とにかく幅広い求人を取り揃えているので、どんな方でも希望の求人が見つかります。

また、コンサルタントは豊富な経験やノウハウを持っているので、サポートの質も高いです。

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は、まずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

>>リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

未経験からのキャリアチェンジを実現したいなら「doda

こんな人におすすめ 幅広い業界・職種の求人を見たい人
未経験からの転職実績が豊富なエージェントを利用したい人
公開求人数 約105,000件
非公開求人数 約35,000件
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

【dodaの特徴】

  • 業界2位の求人数
  • あらゆる職種の求人に応募できる
  • 土曜日にもカウンセリングの対応をしてくれる(電話・メールでもOK)
  • 未経験からのキャリアチェンジが実現できる
  • スカウトサービスを活用すれば、企業から直接オファーが届く

doda業界2位の求人数を誇り、幅広い職種の求人に応募できる転職エージェントです。

30年を超える転職支援の実績があり、サポート体制も充実しています。

キャリアアドバイザーがあなたの強みや弱みを客観的に整理してくれるので、未経験からの転職でも方向性を見つけやすいです。

生産技術からほかの職種へ転職を目指すなら、業界1位のリクルートエージェントと合わせてdodaを利用することをおすすめします。

>>dodaの無料登録はこちら

>>dodaの評判・口コミはこちら

まとめ:生産技術を辞めたいと思ったなら真剣に転職・退職を検討してみよう

今回は生産技術を辞めたいと思いながら働き続けるリスク、現状を変える方法などをお伝えしました。

つらい現状を変えるための方法は、以下の3つです。

【生産技術を辞めたい人が現状を変える方法】

  1. 部署異動できないか相談する
  2. 転職して生産技術を辞める
  3. つらすぎるなら退職する

我慢して生産技術を続けていても、精神的ストレスが蓄積されていくだけです。

年齢を重ねて転職のハードルが上がってしまう前に、早めに行動することをおすすめします。

後悔のない人生を送るためにも、少しずつ行動して現状を変えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました