生産技術の飲み会が嫌い!苦痛な飲み会の断り方と生産技術から抜け出す方法を解説

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

「生産技術の飲み会が嫌すぎる…」
「うまく断る方法はないのかな…?」

このように生産技術の飲み会について悩んでいませんか?

生産技術は飲み会が多い部署なので、苦手な人にとってはとてもストレスですよね。

では、生産技術の飲み会が苦痛な人はどうしたらよいのでしょうか?

そこで今回は、生産技術として3年の実務経験がある筆者が

  • 生産技術の飲み会が嫌な理由
  • 生産技術の飲み会が苦痛に思う人とは
  • 飲み会に誘われたときの断り方
  • 生産技術の仕事自体が苦痛な人にしてほしい行動

について詳しく解説します。

この記事を見れば生産技術の飲み会が苦痛なあなたがどう行動すべきか必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【経験談】生産技術の飲み会が嫌な4つの理由

生産技術の飲み会が嫌な理由には、以下の4つが考えられます。

それぞれ詳しく解説していきますので、あなた自身と比較しつつ読み進めてみてください。

1.体育会系の雰囲気(パワハラ)がある

体育会系の雰囲気が苦手で、生産技術の飲み会が嫌な人は多いでしょう。

生産技術は活発な人が多い生産現場と密接に関わる部署であり、生産現場とうまくコミュニケーションをとれる人が多く集まります。

そのため、部署自体に体育会系の雰囲気があることも少なくありません。

体育会系の雰囲気がある職場の飲み会では、以下のようにパワハラのようなことをされることもあります。

【体育会系の雰囲気がある飲み会で行われること】

  • 自己紹介をする際に、場が盛り上がる話を求められる
  • 若手社員に特技を披露させる
  • 「面白い話をして」などの無茶ぶり
  • 上司が酔うとお酒を強要する
  • 二次会などへの参加を強要される

程度に差はあれど、上記の何かしらの経験がある人は多いはずです。

大人数での飲み会や、派手な騒ぎが苦手な人にとってはストレスでしかありません。

体育会系の雰囲気があることは、生産技術の飲み会を嫌に思う理由の1つといえるでしょう。

2.上司や先輩社員と話が合わない

飲み会に参加しても、話が合わないとつまらないと感じてしまうものです。

生産技術の飲み会で話が合わない理由としては、以下の2つが考えられます。

【生産技術の飲み会で話が合わない理由】

  1. 年代が違い、興味関心のある事柄が異なる
  2. あなたが生産技術の仕事に興味がなく、プライベートの趣味も合わない

1つ目の理由は生産技術に限った話ではありませんが、多くの人が直面する問題でしょう。

世代が違う人とは、共通の話題が少なくなりがちです。

2つ目の理由に当てはまる人は少ないかもしれませんが、根本的にモノづくりへの興味がないと生産技術部に趣味が合う人はほとんどいないはずです。

このような理由で上司や先輩社員と話が合わないと、飲み会に参加するのが嫌になります。

3.頻度が多く金銭的につらい

生産技術は人事異動が多く、歓送迎会を名目に飲み会が頻繁に行われます。

海外赴任者が周期的に入れ替わり、その度に飲み会を行う会社は多いでしょう。

職場の飲み会が頻繁にあると、それだけで大きな出費になります。

とくに飲み会をあまり楽しめていない人にとっては、付き合いのために出費をするのがストレスになるでしょう。

4.プライベートの時間を楽しみたい

飲み会が嫌な理由として、プライベートの時間を奪われることもあげられます。

会社の飲み会は、就業時間外に行われるものです。

労働をしているわけではありませんが、職場の飲み会では気を遣ってしまい心から楽しめない人も多いはずです。

仕事が終わったら自由に時間を使いたい人も、生産技術の飲み会を嫌に思うでしょう。

生産技術の飲み会が苦痛に思う人は大きく2パターン

この記事にたどりついたあなたは、生産技術の飲み会を苦痛に思っているはずです。

唐突ですが、「なぜあなたは生産技術の飲み会をストレスに感じているか」認識できていますか?

飲み会を苦痛に思う理由を認識できていないと、効果的な対策はできません。

生産技術の飲み会が苦痛な人は、以下の2パターンに分けられます。

それぞれのパターンについて、詳しく確認していきましょう。

1.職場の飲み会が苦手な人

1つ目のパターンは、職場の飲み会自体が苦手な人です。

当然ですが職場の飲み会が苦手な人は、生産技術の飲み会もストレスに感じてしまいます。

職場の飲み会が苦手な理由には、以下などが考えられます。

【職場の飲み会が苦手な理由】

  • 大人数の飲み会が苦手
  • 盛り上がりを強要される雰囲気が苦手
  • あまり親しくない人との会話が苦手
  • お酒やたばこが苦手
  • 自宅でゆっくり過ごしたい

親しい人と少人数で行う飲み会は好きでも、職場の大人数の飲み会が苦手な人は多いです。

お酒が苦手な人や自宅で過ごす時間が好きな人にとっても、職場の飲み会はストレスになります。

このパターンに当てはまる人には、上手な断り方を覚えることをおすすめします。

次章「生産技術で飲み会に誘われたときの断り方3選」にて、王道の断り方をご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

2.生産技術の仕事にストレスを感じている人

2つ目のパターンは、生産技術の仕事自体にストレスを感じている人です。

生産技術の仕事を楽しめていない人や、仕事に強いストレスを感じている人が、職場の飲み会を苦痛に思うのは当然のことでしょう。

なぜなら、このような人は以下などの悩みを抱えているはずだからです。

【生産技術にストレスを感じている人の悩み】

  • 生産技術の仕事に興味が持てない
  • 生産技術を楽しんでいる人とのギャップを感じる
  • 今後も生産技術を続けていくか悩んでいる

現状への不満や将来に対する不安があると、誰しも飲み会は楽しめないものです。

上記のような悩みを抱えていては、生産技術の飲み会は楽しめません。

このパターンの人には、生産技術から抜け出すために行動を起こすことをおすすめします。

ハードルが高く感じるかもしれませんが、詳しくは「生産技術の仕事自体が苦痛なら何かしら行動を起こそう」にて解説しているのでぜひご覧ください。

▼生産技術のきつい部分をまとめた記事はこちら▼
【経験談】生産技術できついと感じたこと11選|激務でつらい方が現状を変える3つの方法も解説!
「生産技術がきつすぎて無理…」 「生産技術が激務なのは自分の会社だけ…?」 「生産技術がきついけど、どう改善したらいいかわからない…」 このように生産技術の仕事がきついと悩んでいませんか? 生産技術は残業が多かったり人間関係...

生産技術で飲み会に誘われたときの断り方3選

ここでは、飲み会に誘われたときの王道の断り方をご紹介します。

うまく断り続けていると「飲み会に参加しない人」と認知され、完全に誘われなくなることもあります。

上記の断り方はよく耳にする内容かもしれませんが、王道の方法がもっとも効果的です。

それぞれの断り方について確認していきましょう。

1.予定があることを伝える

1つ目は、すでに予定があると伝える方法です。

先約があることを伝えれば、「仕方がない」と理解してもらえることが多いです。

ただし、予定の内容を聞かれることもあるので、事前に回答を用意しておくとよいでしょう。

【予定を聞かれたときの回答例】

  • 家族と食事をする約束をしていた
  • 地元の友だちと会う約束がある
  • 趣味の〇〇で貴重なイベントがあると伝える

趣味やイベントを理由に断ると、後日感想を聞かれることもあります。

嘘をつく場合には、質問されても答えられるような内容にしておきましょう。

2.体調不良を理由にする

体調不良で断るのも1つの方法です。

体調不良では飲み会を楽しめないので、上司も納得してくれるでしょう。

とはいえ、あまりにも元気に働いていたら疑われてしまいます。

マスクを付けるなどして、体調が優れないことをアピールしておくとよいでしょう。

3.家族を理由にする

3つ目の方法は、家族を理由に断ることです。

具体的には、以下などの断り方が考えられます。

【家族を理由にした飲み会の断り方】

  • 子どもが誕生日
  • 父や母のお祝い、お見舞いに行く
  • 身内が体調を崩している

結婚している場合は、奥さんや子どもを理由にすると断りやすいでしょう。

独身の場合は、実家や親戚の人を理由にすれば上司も納得してくれるはずです。

頻繁には使えませんが、家族を理由に断るのもおすすめの方法です。

生産技術の仕事自体が苦痛なら何かしら行動を起こそう

飲み会を苦痛に感じる原因が「生産技術の仕事自体」にある人には、生産技術から抜け出すことをおすすめします。

年齢を重ねるにつれて環境を変えるハードルは高まりますし、無理して働き続けるとうつ病になってしまうこともあります。

環境を変えることは非常に大変ですが、生産技術から抜け出すことを真剣に考えてみてください。

この章では、生産技術から抜け出す4つの方法をご紹介します。

順に確認していきましょう。

部署異動を希望する

もし会社自体には不満を抱いていないのなら、部署移動も1つの選択肢です。

生産技術という仕事だけが苦痛なのであれば、上司や人事に部署移動できないか相談してみるとよいでしょう。

しかしながら、生産技術の仕事を苦痛に感じる人の多くは、製造メーカー自体が向いていないと考えるはずです。

製造メーカー自体が向いていないと考える方は、以降でご紹介する方法を検討してみてください。

生産技術から転職する

「今の会社ではこれ以上働きたくない…」という方は、転職を検討しましょう。

仕事を変えると覚えることが多くて大変ですが、自分に合った会社に転職すれば、今よりストレスがなくなることは間違いありません。

そして意外かもしれませんが、幅広い業務を行う生産技術は、転職活動においてもアピールできる材料が多いです。

【生産技術が持っている知識・ノウハウ】

  • 設計図面を読む力
  • 物流や生産管理の知識
  • 原価や製造コストに関する知識
  • 現状を正確に分析するスキル
  • 状況を整理して論理的に伝える力
  • コツコツと作業を進める忍耐力

転職経験がない方はとくに、自身のスキルが他社でどのように活かせるかイメージできていないはずです。

生産技術から転職する選択肢を持つためにも、まずは求人をチェックして求められる能力を把握することをおすすめします。

転職エージェントを使えばあなたのスキルが活かせる会社を無料で紹介してもらえるので、求人の探し方がわからない方は利用してみるとよいでしょう。

おすすめの転職エージェントは以下の記事で解説しているので、興味のある方は合わせてご覧ください。

▼生産技術者が転職を成功させる方法を知りたい方はこちら▼
【生産技術は転職しやすい】転職で失敗しない秘訣やおすすめの転職エージェントを厳選紹介
「生産技術って転職しやすいの?」 「今より働きやすい会社に転職したい…」 「生産技術としてもっとキャリアアップしたい…」 このように生産技術の転職について悩んでいませんか? 転職を経験したことがない人はとくに、生産技術の転職...

プログラミングスキルを習得してフリーランスになる

ITエンジニアとして独立することも1つの選択肢でしょう。

生産技術として働いていても耳にしたことがあるかもしれませんが、IT業界の人材不足は深刻な問題となっており、ITエンジニアの需要は年々高まっています。

このような時代背景があり、最近では未経験からスキルを習得してエンジニア転職したり、フリーランスとして独立したりする人も多くいます。

PC1台で仕事が完結するITエンジニアは自由な働き方を実現しやすいので、生産技術で人間関係にストレスを感じている人にはとくにおすすめです。

フリーランスエンジニアとして働くメリット

フリーランスエンジニアとして働くメリットをご紹介します。

【フリーランスエンジニアとして働くメリット】

  • 好きな時間、場所で働ける
  • 人間関係の悩みがなくなる
  • 自分で仕事を選べる
  • 仕事を行うたびにスキルが蓄積されていく
  • スキル次第で今より収入アップも期待できる

工場で仕事をすることや、多くの人と関わって仕事を進めることにストレスを感じている方には、とくに魅力的な環境でしょう。

未経験からITエンジニアになる人は、非常に多くいます。

生産技術だからといって諦めず、選択肢の1つとして知っておくだけでも気持ちが楽になるはずです。

プログラミングを学習するなら、オンラインで完結するスクールで無料体験してみるのがおすすめ

プログラミングの学習方法は、独学・スクールの2種類があります。

インターネット上に学習方法が公開されているので、独学で習得する人も少なくありません。

しかし、完全にゼロから学習すると挫折しやすいので、まずは有料スクールの無料体験でプログラミングの概要を知ることをおすすめします。

もっとも有名なスクールであるテックアカデミーの無料体験では、用語を解説してくれたり簡単なプログラミングの体験ができたりするので、概要を知りたい方は利用してみるとよいでしょう。

>>テックアカデミーの無料体験はコチラ

つらすぎるなら退職する

現状がつらすぎる方は、転職先を決める前に退職するのも1つの選択肢です。

多忙な業務と同時並行で転職活動を進めるのは、心身ともに負担が大きいです。

無理に転職活動を進めて、自分で自分を追い込んでしまっては元も子もありません。

自分の身を守るためにも、つらすぎるなら退職を考えてみてください。

  • 上司や先輩に「設計職を辞めたい」と伝えられない人
  • 辞めたいと思いながらも、ずるずると続けてしまっている人
  • 退職意思を伝えてからの面倒な手続きをしたくない人

上記に当てはまる人は、退職代行Jobsなどの退職代行サービスを利用するのもおすすめです。

退職代行を使うと、会社に直接言いづらいことなどがあっても代わりに対応してもらえます。

退職代行Jobsには、無料でカウンセリングしてくれるサービスもあります。

退職について不安がある方は、1度相談してみてもよいでしょう。

>>退職代行Jobsの無料カウンセリングはこちら

▼生産技術を辞めたいと考えている方はこちら▼
【生産技術を辞めたい…】嫌だと思いながら無理して働き続けるリスク、現状を変える3つの方法を解説
「生産技術を辞めたい…」 「この先も我慢して働き続けるのは嫌だ…」 「でも何をすべきかわからない…。」 このように生産技術を辞めたいと悩んでいませんか? 生産技術を辞めたいと思っても、転職する勇気はないし困ってしまいますよね...

まとめ:生産技術の飲み会が嫌ならストレスの原因を考えてみよう

今回は生産技術の飲み会が苦痛に感じている方に向けて、飲み会の断り方と生産技術から抜け出す方法をご紹介しました。

生産技術の飲み会が苦痛な人は、以下の2パターンに分けられます。

【生産技術の飲み会が苦痛な人】

  1. 職場の飲み会が苦手な人
  2. 生産技術の仕事にストレスを感じている人

職場の飲み会が苦手な人は、第3章でご紹介した内容を実践してみてください。

生産技術の仕事自体が苦痛な人は、環境を変えることを強くおすすめします。

環境を変えると大変なことも多いですが、今よりはストレスが少なくなるはずです。

第4章の内容を参考にしていただき、よりあなたに合った職場を目指してみてください。

タイトルとURLをコピーしました